体脂肪とは体の中で脂肪部分が占める割合です。

体重が落ちてもこの体脂肪が落ちていなければほんとうに健康的なダイエットとはいえません。

このサイトでは、効率よく体脂肪を燃やす飲み物について解説していきます。


<目次>
・運動をする前に体脂肪を燃やす飲み物を!

・体脂肪を燃やすオススメの飲み物はコレです。

・体脂肪を減らすためのダイエットで重要なことは!?

・体脂肪を燃やす方法に関連するYouTube動画紹介

運動をする前に体脂肪を燃やす飲み物を!

コーヒーには、体脂肪を燃焼させる働きがあります。

この効能は、コーヒーの主成分、カフェインによるものです。

カフェインがあるとサイクリックAMPは分解されずにすむため、ホルモン感受性リパーゼはその刺激を受けて活性化し、体脂肪の分解が促進されるというわです。

こうして、体脂肪、つまり脂肪細胞に蓄えられた脂肪は分解されて遊離脂肪酸になって血液中に放出されます。

この遊離脂肪酸が筋肉などにとり込まれてエネルギー源として燃やされ、めでたく体脂肪は減っていくわけです。

カフェインの作用によって最終的には体脂肪が減るわけですから、カフェインを含む、コーヒーをたくさん飲むことはダイエットにつながるのです。

ただし、たとえ遊離脂肪酸が筋肉にとり込まれても、筋肉がエネルギーを使う状態になっていないと、脂肪酸は燃えてはくれません。


ですから、コツは必ず体を動かす前にコーヒーを飲むことです。

注意したいのは、砂糖を入れて飲むと、その砂糖は体内ですぐブドウ糖に分解され、そのブドウ糖が脂肪細胞の中に入って、a-グリセロリン酸という物質をつくり出します。

この物質は脂肪酸と結合し、脂肪酸を元の中性脂肪に戻してしまうのです。

せっかくのコーヒーのカフェインの働きを帳消しにしてしまうわけで、エネルギーが燃焼されません。

コーヒークリームも油脂なので、砂糖ほどの弊害はありませんが、脂肪の上乗せになるわけですから、ダイエット効率を落とすことは確かです。

ダイエット目的なら、コーヒーはブラックで飲むようにしましょう。

体脂肪を燃やすオススメの飲み物はコレです。

よくテレビで、体脂肪を燃えやすくする飲み物のCMを見ますが、あれって本当なの?っておもっている方も多いのではないでしょうか。

飲むだけで、体脂肪が減る…?

実は、体脂肪を効率よく燃やしてくれる成分があるのです。

その体脂肪を効率よく燃やしてくれる飲み物「エクササイズコーヒー」紹介しましょう

「エクササイズコーヒー」は、コーヒーに含まれる燃焼成分クロロゲン酸が、「食べたもの」「たまったもの」の両方にアタックします。

さらに、燃えるダイエットをバックアップする「L-カルニチン」、L-カルニチンの働きをサポートする「コエンザイムQ10」を配合。

「エクササイズコーヒー」についてもっと詳しく知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

コーヒーでメラメラパワーGETしましょう。 >>

体脂肪を減らすためのダイエットで重要なことは!?

1日3食の食事のうち、あなたは昼食にどれほど比重をおいていますか。

とえば、時間に追われるビジネスマンであれば、昼食はそばなどで軽くすませがちではないでしょうか。

そのかわり、夜にボリュームたっぶりの食事をとるのがふつうの食生活のようです。

しかし、体脂肪を減らすためのダイエ。トでは、昼食に重きをおくことをおすすめします。

言い方を変えれば、昼食を1日のメインとなる食事にすべきなのです。

昼は、体がエンジン全開とばかりに活動する時間帯です。

ですから、3食のなかでいちばん大量のカロリーをとり、エネルギーを補給する必要があるのです。

朝は脳の働きを高める炭水化物を主体にとるべきなのに対し、昼は脂肪やタンパク質をメインにした食事をつとめてとるべきです。

胃をはじめとした消化器官の働きを見ると、朝起きたときから徐々に活動を始め、昼ごろに最も盛んになります。

そして、その後は徐々に下降線をたどり、夕方には半分くらいに低下します。

このことからも、消化・吸収のよい昼に、脂肪やタンパク質などの栄養素を補給するのが理想的なのです。

体脂肪を燃やす方法に関連するYouTube動画紹介

簡単な動きで体脂肪を燃やすダンスエアロ・エクササイズ

【脂肪燃焼】2分間で脂肪燃焼させる超効率的なエクササイズ





このページの先頭へ