子どもの記憶力を伸ばす勉強方は、学習後12時間がミソ?

興味深い話があります。


海馬のドーパミン神経が一番活性化するのは、どうも学習をはじめてから12時間後がミソらしいのです。

12時間たったところからの勉強は、脳細胞を育てる物質、BDNF(脳由来神経栄養因子)とドーパミンが働き、記憶が永続化するらしいのです。


だから、学習後12時間たったあたりで、ドーパミン系を興奮させるよう、楽しく復習することが、記憶力を伸ばす勉強法になります。

12時間と言えば、およそ、「予習→学校」、または、「学校→復習」のサイクルです。

昔から言われているように予習、復習は大事ということです。

その「かなめ」になるのが、学校での学習です。

ここが抜けてしまうと当然12時間のサイクルが組めません。

学校の授業を大事にし、その中身にいちいち感心する、興奮することが大切です。


つまり、ドーパミン神経を活動させるように学ぶことが、なんだかんだ言っても記億定着を促進する可能性が高いのです。

学校の授業をおろそかにして、塾や家庭学習だけで学習効率を求めるのは、なんとも非効率な話です。

要するに、学校の授業が8時30分から始まるとすれば、学校が始まる前に1時間予習をして、それから授業を受け、帰宅後1時間復習して、塾や習い事に通うというサイクルが、記憶力を永続化させるもっとも有効な勉強方法なのです。

このサイクルを実践すれば、成績アップ間違いなしです。


また、脳に栄養をあたえることも大切です。

たとえば、スポーツやっている子どもには、体力がつくように、骨や肉を成長させる食事やサプリメントをあたえています。


勉強をする子どもにも、脳の働きをよくする食事やサプリメントをあたえることは当然ではないでしょうか。

脳を活性化させる食べ物としては、DHA・EPAが多く含まれているマグロ・うなぎ・サバ・いわし・アジ・ブリ・さんまなどいいといわれています。

しかし最近、イチョウ葉エキスが、記憶力を改善する働きがあると注目されています。

イチョウ葉エキスは、血液の流れを改善し、脳の機能を向上させ、神経伝達物質の働きがよくなるといわれています。

ドイツで行われた臨床試験の結果では、イチョウ葉エキスに認知機能の一部である記憶力を維持する働きがあるという報告があります。

イチョウ葉エキスの摂取方法はお茶で摂取するか、サプリメントで摂取するかの2つの方法になりますが、ほとんどの方は手軽に摂取できるのはサプリメントを利用しています。

イチョウ葉エキス配合のサプリメントでオススメなのが「デキスギジュニア」です。

「デキスギジュニア」は、子供向けイチョウ葉エキスの学習サプリメントとして、「イチョウ葉テルペンラクトン」を4.8mg/3粒・「イチョウ葉フラボノイド配糖体」を19.2mg/3粒を配合しています。

学ぶたのしさが実感できる、お子さまに大好評の学習サプリメントです。

もっと詳しく「デキスギジュニア」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

お子さまに、学ぶ喜びを体感してほしい。イチョウ葉エキスの学習パワー! >>

 


子供向けイチョウ葉エキスの学習サプリメント

 

「イチョウ葉テルペンラクトン」を4.8mg/3粒・「イチョウ葉フラボノイド配糖体」を19.2mg/3粒を配合しています。





デキスギジュニア
公式サイトでは、ず~っとお得な定期コースを用意しております。  詳しくはこちら>>





このページの先頭へ