肝臓の脂肪を減らす、魔法のジュース!?

そんなジュースってあるの?

そう疑われる方も多いでしょう。

このサイトでは、肝臓の脂肪を減らす魔法のジュースについて解説していきます。


<目次>

・肝臓の脂肪をどんどん流す!魔法のジュースとは…!

・肝臓の脂肪はポリフェノールで減らせるのか?

・肝臓の脂肪を減らす「タマオレジュース」の作り方

・肝臓の脂肪を減らす方法に関連するYouTube動画紹介




肝臓の脂肪をどんどん流す!魔法のジュースとは…!

今回は、肝臓の脂肪をどんどん流す!魔法のジュース「タマオレジュース」のレシピを紹介します。

タマネギは、血圧を下げる、血糖値の上昇を抑制するなど、実にさまざまな薬効のある野菜です。

実はオレンジにも、脂肪の吸収の抑制、活性酸素の退治などの効果があり、タマネギとオレンジは、高コレステロールや高血圧に対抗する最強のコンビなのです。

ただし、ジュースの効果を最大限に引き出すためには、適度な運動も必要です。

ふだんから少しでも体を効かすことを心がけ、あわせて1日1杯、夕食前にタマオレジュースを飲みましょう。

食前に飲めば、脂質の吸収をより遅らせることができます。

【タマオレジュースの作り方】

しかし、「タマオレジュース」をつくるのが面倒、忙しくて作ってられない。

そんな方には、脂肪の燃焼を補うポリフェノール配合のサプリメントがオススメです。

肝臓の脂肪はポリフェノールで減らせるのか?

本当にポリフェノールで脂肪を減らすことができるのか?

ポリフェノールにもいろいろ種類があり、有名なのが、ブドウなどに多く含まれるポリフェノールで、美容に効果があると言われえいます。

では、脂肪を減らす成分が含まれるのはどんな種類でしょうか?

脂肪に有効なポリフェノール成分が含まれているのは「海藻ポリフェノール」です。

「海藻ポリフェノール」は、大阪にある長瀬産業という会社の研究によって、血糖値を正常に戻す働きや、高インスリン血症、糖尿病合併症の進行を抑える働きがあることが発表されました。

また、理研の研究により、海藻ポリフェノールが体の中で消化酵素リバーゼの働きを弱め、脂肪の吸収を抑制し、体重の増加が緩やかになることが解ったそうです。


海藻ポリフェノールには、肥満や脂肪の蓄積を抑制する働きが期待できるのです。

「海藻ポリフェノール」配合サプリメントでオススメなのが、海藻研究のパイオニア理研ビタミンが販売する「マルチポリフェノール」です。

「マルチポリフェノール」は、わかめスープでおなじみの理研ビタミンが、長年にわたる海藻の健康効果の研究から抽出したポリフェノールに加え、さらに、美容と健康にうれしい茶カテキン、ぶどうポリフェノール、大豆イソフラボンを配合した、理研ビタミンの自信のサプリメントです

「マルチポリフェノール」についてもっと詳しく知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

マルチポリフェノールを飲んでも効果がでない人は…? >>

肝臓の脂肪を減らす「タマオレジュース」の作り方

◆材料
・タマネギ50g(約1/4個)
・オレンジ2個
・冷水200ml


①.オレンジはミキサーに入れやすい大きさに分ける。タマネギはみじん切りにする。
★タマネギを刻んだあと、15分空気にさらすと有効成分が増える。


②.①と冷水をミキサーに入れ、よくまざってジュース状になるまでかくはんする。


★オレンジの甘ずっぱい香りがさわやかな「タマオレジュース」の完成。作ったジュースはすぐに飲む。




マルチポリフェノールを飲んでも効果がでない人は…?
マルチポリフェノールの製造販売業者に「「マルチポリフェノールを飲んでも効果が期待できない人はどんな人?」「マルチポリフェノールの使用を避けた方がいい人はいないのか?」「どんな人がマルチポリフェノールを飲むとより効果が期待できるのか?」聞いてみた! もっと詳しく知りたい方は…


肝臓の脂肪を減らす方法に関連するYouTube動画紹介

内臓脂肪をなくす!簡単マッサージ

肝臓機能を向上させる食べ物をご紹介します。

肝臓の脂を溶かすデトックススープ





このページの先頭へ