EDの原因は、ストレスなどの精神的な問題が大半といいますが、生活習慣や食生活なども大きな原因です。

一般的に、スタミナ料理を食べれば元気になると信じておられる方も多いです。

EDを改善するには、勃起に有効な成分を摂ることが大切です。

このサイトでは、ぼっき力を改善する食べ物、EDを治す食べ物を紹介していきます。


<目次>
・バナナミルクがぼっき力を改善する

・ぼっき力を改善する有効なオススメの成分

・ぼっき力を改善するエクササイズ

・ぼっき力を改善に関連するYouTube動画紹介




バナナミルクがぼっき力を改善する

副交感神経には、下半身、とくに生殖器の血液循環をよくする働きがあります。

この働きによって、ペニスの陰茎海細作にある平滑筋という筋肉の緊張を解き、血液を充満させる、すなわち、勃起を促します。

副交感神経の働きが悪くなって交感神経が優位になると、平滑筋が緊張して血液の流人を遮断し、EDをもたらします。

副交感神経の働き活性化するのがカルシウムです。

牛乳はカルシウムを豊富に含む食品です。

しかし、成人の胃には牛乳を消化する酵素がないので、牛乳をただ飲むだけでは、消化管の中をそのまま通過し、吸収にはつながりません。

これは、牛乳を分解するレンニンという酵素が成長に伴って少なくなってくるからです。

そのため、牛乳を飲んでいても、カルシウム不足となって、精力減退に陥る男性が少なくないのです。

そこで、カルシウム不足を手軽に解消できる方法があります


それは、牛乳とバナナを組み合わせた「バナナミルク」をとることです。

牛乳にバナナが加わることで、バナナの消化吸収に便乗して牛乳も吸収されて、牛乳の消化吸収が格段によくなり、副交感神経を活性化させるカルシウムをたっぷり補給することができるのです。

 

バナナミルクをとると、牛乳に含まれる豊富なカルシウムがバナナの糖質やビタミン、ミネラルなどの良質な成分とともに吸収されます。

すなわち、バナナに含まれるたんぱく質分解酵素であるペプシンや、脂肪分解酵素であるリパーゼの働きにより、牛乳の分解・消化・吸収が高まり、カルシウムなど、牛乳の豊富な栄養を利用できるというわけです。

これにより、副交感神経がカルシウムによって活性化され、精力減退が改善するのです。

【バナナミルクの作り方】

1.輪切りにしたバナナと牛乳をスープ皿で合わせて食べる


2.ミキサーにバナナと牛乳を入れて、ジュースにして飲む

※1日にバナナ1~2本、牛乳200ミリリットルが目安。夕食時にとると効果的です。

ぼっき力を改善するオススメの成分

EDに有効な成分は数多くありますが、その中で特にオススメしたい成分、アルギニンと亜鉛について説明します。

男性は性欲を感じると脳から刺激が伝わって一酸化窒素(NO)が分泌され、海綿体平滑筋を弛緩させるcGMPが生まれます。

するとペニスに大量の血液が流れ込み、海綿体が膨張して勃起が起こる仕組みになっています。

アルギニンには、この勃起プロセスに欠かせないNOの生産力を高めるはたらきがあり、ペニスへの血流量を増やして力強い勃起を実現してくれます。

アルギニンについてもっと詳しく知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

EDに有効な成分アルギニン >>

次に亜鉛についてですが、亜鉛は、ご存知の通り「セックスミネラル」とも呼ばれ、亜鉛が男性の前立腺において、性ホルモンの合成に深く関わっているこ言われます。

亜鉛はミネラルの一種で人や動物には必須の栄養素です。

必要量は成人男性で8mg〜30mg/日、成人女性で6mg〜30mgといわれています。

亜鉛は精子を作るのには必須な要素であり、亜鉛が安定することで精子の量も安定します。

また精液の濃さも濃くなっていくようです。。

亜鉛についてもっと詳しく知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

EDに有効な成分亜鉛 >>

ぼっき力を改善するマッサージ

全然勃たなくなった、セックスの最中に中折れした。

そんな苦い経験をした事がある人は、ぜひトライしてほしいマッサージです。

その原因である「錐体筋」をゆるめることで、症状が緩和されます。

「もう若くないから…」とあきらめていた人も、この筋肉を柔軟にするだけでパートナーを悦ばせてあげることができるのです。

他にも、前立腺に異常を感じたら、この筋肉を刺激してみてください。

頻尿や膀胱の具合が悪い人にも効果的なので、心当たりのある方は試す価値ありです。

【勃起するのに欠かせない“錐体筋”マッサージ】

・恥骨の上をこぶしで押す

腹筋の続きで恥骨の上にある小さな筋肉「錐体筋」。恥骨の上にタオルのこぶ(図1)を置き、軽く5秒押し、10回ゆらす。これを3回繰り返す。強く押しすぎると痛みが出ることもあるので気をつけて。

(図1)「タオルのこぶの作り方」

力を込めてこぶを作るように2回結びます。お尻、お腹など大きな部位のときは3回結ぶなど、パーツごとにかえでください。

ぼっき力を改善に関連するYouTube動画紹介

インポテンツやEDを治す、身体つくりが大事

【ED治療】ドクター林のICI療法

EDを自宅でこっそり改善する方法





このページの先頭へ