高校生の記憶を強める3つの勉強方法

高校性から

「うまく記憶するにはどうしたらいいですか?」
「効率よく暗記する方法を教えてください」

と尋ねられたとき、この高校生の質問の答えはこうです。

海馬という脳の器官が、記憶をつくリ出すのに深くかかわっていることは、もうご存知でしょう。

海馬は、耳の横っちょあたりの脳の奥にあります。

小指大ほどの器官で、左右に1つずつあり、形がタツノオトシゴに似ているので、「海の馬」、海馬と言います。

脳科学の世界では超有名なHMさんは、切除手術で海馬を含む脳部位をとり除かざるを得なくなりました。

そして、それ以降新しいことを覚えられなくなったため、「海馬が新しい記憶をつくる器官だ」とわかったきたのです。

この海馬では、長期増強という現象がよく観察されます。

海馬ではニューーロン(脳細胞)が軸策(細胴体本体からの信号をほかのニューロンに伝える繊維)を伸ばし、きれいにループをつくっています。

その一部をちょっと刺激すれば、つながった他のニューロンも活動します。

この時、ニューロンに「繰り返し刺激を与え」たり、「グっと強い刺激を与え」たり、あるいは「同時に何力所かから刺激を与え」たりすると、その後は、わずかな刺激でもニューロンが強く、また長期間活動を続けるようになります。

これが長期増強。記憶のおおもとだと考えられています。

だから、記憶を強める3つの勉強方法は


1.繰り返すことで、記憶は定着していきます。

2.印象づけると、忘れにくくなります。

3.つながりをつけて覚えると、忘れにくくなります。

この3つを意識して勉強することが重要なのです。

効果的に記憶力上げる勉強法方法の1例として、色んなパターンの問題解くことです、

色んなパターンの問題をやることで、1つの答に対して、色んな繋がりができ、繰り返し問題を解いていくことで、記憶が定着していくのです。

ぜひ、一度挑戦してみてください。


また、脳に栄養をあたえることも大切です。

たとえば、スポーツやっている子どもには、体力がつくように、骨や肉を成長させる食事やサプリメントをあたえています。


勉強をする子どもにも、脳の働きをよくする食事やサプリメントをあたえることは当然ではないでしょうか。

脳を活性化させる食べ物としては、DHA・EPAが多く含まれているマグロ・うなぎ・サバ・いわし・アジ・ブリ・さんまなどいいといわれています。

しかし最近、イチョウ葉エキスが、記憶力を改善する働きがあると注目されています。

イチョウ葉エキスは、血液の流れを改善し、脳の機能を向上させ、神経伝達物質の働きがよくなるといわれています。

ドイツで行われた臨床試験の結果では、イチョウ葉エキスに認知機能の一部である記憶力を維持する働きがあるという報告があります。

イチョウ葉エキスの摂取方法はお茶で摂取するか、サプリメントで摂取するかの2つの方法になりますが、ほとんどの方は手軽に摂取できるのはサプリメントを利用しています。

イチョウ葉エキス配合のサプリメントでオススメなのが「デキスギジュニア」です。

「デキスギジュニア」は、子供向けイチョウ葉エキスの学習サプリメントとして、「イチョウ葉テルペンラクトン」を4.8mg/3粒・「イチョウ葉フラボノイド配糖体」を19.2mg/3粒を配合しています。

学ぶたのしさが実感できる、お子さまに大好評の学習サプリメントです。

もっと詳しく「デキスギジュニア」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

脳にも栄養補給を!イチョウ葉エキスでパワーアップ!! >>


脳に栄養補給!イチョウ葉エキスの学習サプリメント

「イチョウ葉テルペンラクトン」を4.8mg/3粒・「イチョウ葉フラボノイド配糖体」を19.2mg/3粒を配合しています。





デキスギジュニア
公式サイトでは、ず~っとお得な定期コースを用意しております。  詳しくはこちら>>





このページの先頭へ