<目次>
・肝臓の中性脂肪を下げる魔法の粉とは!

・EPAとDHACが手軽に摂取できるドリンク

・肝臓の中性脂肪を下げて、肝臓の脂質を分解する「焼きわかめ粉」の作り方

・肝臓の中性脂肪を下げる方法に関連するYouTube動画紹介




肝臓の中性脂肪を下げる魔法の粉とは!

海草のなかでも低エネルギーでミネラル豊富な「わかめ」は、毎日の食材として非常に身近な存在です。

その「わかめ」には、肥満や生活習慣病の原因となる中性脂肪を減らす働きがあるのです。

このことを証明するために、ラットを使った実験を行ったそうです。。

その結果、わかめ粉末を1%以上まぜたえさを与えたラットのグループでは、血液中や肝臓の中性脂肪値が有意に低下し、さらに10%の濃度のえさのグループではわかめ粉末無添加のえさグループの半分近くまで中性脂肪値が下がったのでした。

また、中性脂肪の合成や分解にかかわる酵素を調べたところ、肝細胞のミトコンドリアと呼ばれる小器官でつくられる中性脂肪を分解する酵素の働きが活性化していることもわかりました。


「わかめ」をからいりして粉末にすれば、消化力の弱った年配のかたでもわかめの有効成分を効率的に吸収できます。

【焼きわかめ粉の作り方】

目安は1日あたり小さじ1杯程度。

健康・長寿の源であり、ダイエットの味方でもあるわかめを、ぜひ見直していただきたいと思います。

また、DHAやEPAも中性脂肪を減らし、内臓機能の維持や生活習慣の予防・改善などに効果的に働きます。

DHA・EPAをうまく活用して、中性脂肪を減らしていきましょう。

EPAとDHACが手軽に摂取できるドリンク

DHA・EPAは中性脂肪を減らす働きとして、国も認めているほどの確かなものです。

摂ってすぐに効果があるというものではありません。

日常的にとるよう心がけましょう。

食事で摂るのもいいでしょうが、効率的にとるなら、DHA・EPA配合のドリンクがいいでしょう。

オススメのDHA・EPA配合のドリンクは「イマークS」です。

「イマークS」は、血中中性脂肪に作用するトクホ(特定保健食品)です。

1日1本、4~12週間の継続飲用で、ヒト実験の結果、血中中性脂肪がを約20%が低下した結果があります。

中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など、そんな現代のサラリーマンに飲んでいただきたいドリンクいです。

「イマークS」についてもっと詳しく知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

イマークSを飲んでも効果がでない人は…? >>

肝臓の中性脂肪を下げて、肝臓の脂質を分解する「焼きわかめ粉」の作り方

◆材料(約10日分):乾燥わかめ50g


①.乾燥わかめを粉末状にしやすいように弱火で2分、からいりする。焦げて茶色にならないように注意する。


②.①を火からおろし、粗熱がとれたら、すり鉢や食品用ミルなどで粉末にする。


③.さらさらした粉末状になったらでき上がり。乾燥わかめ50gから、約10日分の焼きわかめの粉ができる。

★湿けやすいのでミ必ず密閉容器に入れて保存し1カ月以内に食べきこと。
★朝・晩2回、ティーンスープ1杯ずつを、お茶や料理にまぜて食べよう。




イマークSを飲んでも効果がでない人は…?
イマークSサプリの製造販売業者に「「イマークSを飲んでも効果が期待できない人はどんな人?」「イマークSの使用を避けた方がいい人はいないのか?」「どんな人がイマークSを飲むとより効果が期待できるのか?」聞いてみた! もっと詳しく知りたい方は…

肝臓の中性脂肪を下げる方法に関連するYouTube動画紹介

中性脂肪を下げる食材があるんです!

中性脂肪を下げる正しい方法

中性脂肪を下げる方法





このページの先頭へ