高学年から意識したい記憶を強くする勉強法はコレです!

低学年で丸暗記できたことも、高学年になるにつれ、だんだん限界がやってくる。

情報を丸暗記できるピークは、だいたい10歳ぐらいだと言われています。


高学年から記憶の方法を変えないと、記憶力を高まりません。

記憶力を強くする勉強法は、高学年からが勝負なのです。

学年が上がっていくほど、暗記中心の勉強法から、「経験記憶」を活用した、理論的な勉強法に変えていかないと伸び悩みます。

今まで、「暗記は得意だから大丈夫」という子は注意が必要です。

なぜなら、「丸暗記には重大な欠点があるからです。

丸暗記の知識は、有機的なつながりがなく、応用範囲が限定されてしまうため、記憶としてもあいまいになりやく、テストのときに、単純なミスを繰り返す原因になります。

一方、「経験記憶」は、ものごとをよく理解し、論理的に覚え、同じ論理が使えるすべてのことに活用できるので、応用範囲が広くなります。

では、「経験記憶」とはどんな勉強法なんでしょうか。

「経験記憶」は、じつはさまざまな記憶を組み合わせてできています。

色、におい、音、触覚などそのとき感じ取ったいろいろな要素がひとつになっているので、記憶を引き出すきっかけが多くなります。


勉強も同じで、多くのことを関連づけて覚えたほうが、あとで思い出しやすくなるのです。

たとえば、漢字を覚えるとき、用法や例文なども一緒に覚えると忘れにくくなります。

さらに、もっとも手軽な経験記憶の作り方は、覚えたことを友だちや家族に説明してみることです。

脳はインプットよりもアウトプットを重要視する傾向があるります。

学習したことを話して活用することで、記憶が定着しやすくなるのです。

友達に勉強を教えることも、アウトプットとしては有効な手段です。

経験記憶を使って覚えても、アウトプットしなければ、知識記憶として置き換えられてしまいます。

忘れないうちに「復習」することが大切なのです。


中学・高校まで「暗記」という無駄な勉強法をひきずらないためにも、高学年から暗記に頼らない経験記憶を使っての勉強法を意識してみよう。

また、脳に栄養をあたえることも大切です。

たとえば、スポーツやっている子どもには、体力がつくように、骨や肉を成長させる食事やサプリメントをあたえています。


勉強をする子どもにも、脳の働きをよくする食事やサプリメントをあたえることは当然ではないでしょうか。

脳を活性化させる食べ物としては、DHA・EPAが多く含まれているマグロ・うなぎ・サバ・いわし・アジ・ブリ・さんまなどいいといわれています。

しかし最近、イチョウ葉エキスが、記憶力を改善する働きがあると注目されています。

イチョウ葉エキスは、血液の流れを改善し、脳の機能を向上させ、神経伝達物質の働きがよくなるといわれています。

ドイツで行われた臨床試験の結果では、イチョウ葉エキスに認知機能の一部である記憶力を維持する働きがあるという報告があります。

イチョウ葉エキスの摂取方法はお茶で摂取するか、サプリメントで摂取するかの2つの方法になりますが、ほとんどの方は手軽に摂取できるのはサプリメントを利用しています。

イチョウ葉エキス配合のサプリメントでオススメなのが「デキスギジュニア」です。

「デキスギジュニア」は、子供向けイチョウ葉エキスの学習サプリメントとして、「イチョウ葉テルペンラクトン」を4.8mg/3粒・「イチョウ葉フラボノイド配糖体」を19.2mg/3粒を配合しています。

学ぶたのしさが実感できる、お子さまに大好評の学習サプリメントです。

もっと詳しく「デキスギジュニア」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

お子さまに、学ぶ喜びを体感してほしい。イチョウ葉エキスの学習パワー! >>

 


子供向けイチョウ葉エキスの学習サプリメント

「イチョウ葉テルペンラクトン」を4.8mg/3粒・「イチョウ葉フラボノイド配糖体」を19.2mg/3粒を配合しています。





デキスギジュニア
公式サイトでは、ず~っとお得な定期コースを用意しております。  詳しくはこちら>>





このページの先頭へ