<目次>
・寝た気がしない時には仮眠が一番

・寝方によって、朝の疲れが取れやすくなる?

・サプリメントで睡眠力をアップする

・ヘッドマッサージで不眠症状を改善

寝た気がしない時には仮眠が一番

寝た気がしない時は、あきらかに寝不足です。

寝不足では、高いパフォーマンスを発揮することは難しいでしょう。

そんな時、医者は仕事の効率を上げるために15分程度仮眠をとります。

人間、昼食を終えた後の午後2時ごろになると、どうしても眠くなるようになっていまする。

この時間を無理をして仕事をしようとしても、なかなか高いパフォーマンスの仕事はしづらいものなのです。

よく大工などの職人たちが10時と12時、15時に休憩を取っていますが、あれはひとつのミスが命取りになりかねない職人たちが、長年の経験で築き上げ定着したものであります。


でぱどのように仮眠を取るのがいいのでしょうか?

13時~15時の間で15分程度、座ったままウトウトするのが理想です。

この時間よりも遅く寝ると夜の睡眠に影響を及ぼすこともあるし、横になって寝てしまうと深い眠りに人ってしまうことがあるためです。

いまでぱ机に向かって寝ることを考慮して生まれた仮眠用枕というものが販売されています。

これらを使えばさらに心地よい仮眠を楽しめるので是非とも試してみてください。

寝方によって、朝の疲れが取れやすくなる?

寝方によって、睡眠の質が変わるって知ってましたか?

仰向けに寝ると、軌道がふさがりやすくなり、いびきをかきやすくなり、睡眠の質を低下させます。

しかし、横向きに寝ると、呼吸が楽になり、いびきが軽減され、質よ良い眠りが得られます。

でも、寝ていると寝がいりなどで、仰向けになったり、横向きになったりと、常に一定の姿勢で寝られる訳ではありません。

そのために、寝返りをうたないように、「ウエストポーチ」にテニスボールを入れて「横向き」で寝ることで、一定の姿勢で寝ることができます。

また、目覚めが悪くなる原因に「目覚まし時計」があります。

「目覚まし時計」を使うと、音に驚かされて起きているので、神経が過敏に反応し、どんなに質の良い睡眠をとっても台無しになってしまいます。

1番良いのは「太陽の光」によって自然に起きることです。

光で起きられる「目覚まし時計」も売られています。




サプリメントで睡眠力をアップする

健康意識の強いビジネスパーソンは不足するビタミンなどをサプリメントで補うことが主流となってきています。

そういったニーズに応えるべくさまざまな会社が多くの種類のサプリメントを販売していますが、その中でも睡眠と関係が深いものを、ここでは厳選してふたつ紹介しよう。

まずはテアニン。

これは私たちにもなじみの深い緑茶をはじめとしたお茶などに含まれる旨みのもとであるアミノ酸の一種です。

このテアニンには睡眠を促す効果があるのです。

緑茶はカフェインを多く含むから大丈夫? という声も関こえてきそうですが、これにぱカフェインは含まれていないので心配ありません。

睡眠前に飲むと寝つきがよくなり、寝ている間も覚醒しにくいという実験結果が報告されています。

また、日中飲めば集中力がアップするという優れものです。

もうひとつはグリナ。

エビやホタテなどの魚介類にも多く含まれるグリシンというアミノ酸には毎日の生活に欠かせない休息を促します。

体をしっかり休ませ朝からスッキリを実感できるはずです。

ヘッドマッサージで不眠症状を改善

腰や肩、背中がこる原因は血行不良です。

同じように頭皮の血行が悪くなると、不眠、頭痛、肩や首のこり、腰痛などの関節痛、薄毛、耳鳴りや難聴といった治りにくいやっかいな症状が起こってきます。

また、頭皮は直接、頼の皮膚にもつながっているため、シミやシワ、くすみなど肌のトラブルが頭皮の血行不良である頭のこりから起きていることも多いのです。

実際、このような症状に悩んでいる人の頭皮にふれると、驚くほど、かたくガチガチにこり固まっていることが少なくありません。

そこでおすすめするのが、「ヘッドマッサージ」です。

ヘッドマッサージとは、頭皮全体をもんだりたたいたりして、こりをとり除く方法です。中国では一般的に広く行われている「推察療法」といわれる伝統的な療法の一種で、道具を使わず、手だけで行います。

なぜ手だけで行うかというと、中国では「自分の手は、頼りになる治療パートナー」であり、また、手からは生命エネルギーの一種である「気」が出ていて「手はみずからの主治医である」と考えられているからです。

ツボの位置はあまり考えず、頭皮全体をまんべんなくもんだり、たたいたりします。

両手の10本の指でまんべんなく繰り返しマッサージをするため、正確なツボの位置がわからなくても結果的にツボを刺激することになり、不眠をはじめとする不快症状が改善されます。





このページの先頭へ