早朝の血圧が高く、昼間は下がり、夕方から夜にかけて再び上昇するというタイプの人がいます。

起きてすぐは高かった血圧が病院へ行くころには下がっているため、正常と診断されます。

その結果、正常血圧のはずなのに、早朝の脳出血や心筋梗塞などの発作を起こす、ということになってしまうのです。

これが早朝高血圧です。

このサイトでは、早朝高血圧を下げる方法について解説していきます。

<目次>
・朝のコップ1杯で早朝高血圧の発作を予防する飲み物とは?

・血圧が高めの方に!高めの血圧を下げる機能性表示食品

・早朝高血圧を下げる方法に関連するYouTube動画紹介

・インスタグラムの投稿で「早朝高血圧」をチェック!



朝のコップ1杯で早朝高血圧の発作を予防する飲み物とは?

早朝高血圧に限らず、血圧が高めの人の一般的な注意としては、食生活の改善が重要で、なかでも塩分を減らすことが必要です。

塩分=ナトリウムは、体内でカリウムと結合して排出されますから、カリウムを多く合む食品をとることもたいせつです。

カリウムを多く合む食品は、たとえば緑黄色野菜やイモ類、海藻類、バナナなどです。


とくにおすすめしたいのは、「きなこ牛乳」です。

完全食といわれる牛乳と大豆で、動物性と植物性の両方の良質なタンパク質を同時にとれます。

カリウムは、きなこが10gで190mg、牛乳200gで300mgですから、合計490mgとれます。

また食物繊維も豊富で、便秘に効果があります。

早朝高血圧の場合、血圧が上がっている朝に便秘でいきんだりしたら血管に負担がかかって事故が起こりや
すいもの。

それを予防するのに役立ちます。

また、ペチプドいう成分が血圧の安定に有効です。

ペチプドを摂ることで、血圧上昇物質の生成が抑制され、結果的に血圧が低下します。

ペチプドにも色々な種類がありますが、血圧の高めの方にオススメなのが「わかめペプチド」です。

血圧が高めの方に!高めの血圧を下げる機能性表示食品

先程、「わかめペプチド」が血圧の安定に有効だと説明しましたが、「わかめペプチド」を摂取するには、サプリメントが一番です。

その「わかめペプチド」配合のサプリメントでオススメなのが「わかめペプチド粒タイプ」です。


理研ビタミンが製造販売している「わかめペプチド粒タイプ」は、血圧が高めの方に適した機能性表示食品です。

2015年11月に、「わかめペプチドには高めの血圧を下げる機能があることが報告される」という機能性を、食品消費者庁に届け出でをしました。

わかめに含まれるタンパク質を酵素で分解してできた「わかめペプチド」の働きで、血圧を上げる物質の生産を低下させ、血圧を下げる物質の分解を減少させ、ダブルの作用で血圧を安定させます。

「わかめペプチド粒タイプ」についてもっと詳しく知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>わかめペプチド粒タイプを飲んでも効果がでない人は

早朝高血圧を下げる方法に関連するYouTube動画紹介

早朝高血圧の原因と治療、血圧を下げる方法

血圧とコレステロール値を薬なしで下げる方法

血圧を下げる☆タオル1本!握るだけ




わかめペプチド粒タイプを飲んでも効果がでない人は
理研ビタミンが製造販売している「わかめペプチド粒タイプ」を実際飲んでみてどうなのか? 3つの疑問いついて問い合わせてみました。 もっと詳しく知りたい方は…


インスタグラムの投稿で「早朝高血圧」をチェック!

【早朝高血圧の原因とは?】 血圧が上がりやすい時間帯は早朝、ということをよく耳にします。早朝にトイレに起きて、そのまま脳出血を起こす人も多いと報告されています。なぜかと言うと自律神経の作用の仕方に原因があるからです。そのため、起床時の血圧の値は重要視されています。病院でも投薬の指標となるのが、早朝の血圧の数値です。今まで、なぜ朝に血圧を測らなければいけないのかと疑問に思っていた方も、今回の説明を読んで頂ければ答えがわかります。早朝に血圧が上がる仕組みについてご説明させて頂きます。 早朝に血圧が上がる原因 1. 自律神経の切り替わり 自律神経は身体を活発にさせる交感神経と、身体と神経を落ち着かせる副交感神経があります。夜間から朝にかけては副交感神経が優位な状態になって睡眠状態を作っています。この状態の時には血圧は上がりません。 逆に、日中の活動に向けて、早朝からは身体も交感神経の働きも活発になってきます。そのため血圧も上がり易く、横になっている状態から起き上がると血流も変わり、心臓も全身に血液を送り出すために負荷がかかり、血管壁の負荷も大きくなります。その結果、当然血圧は上がることになります。 2. 降圧剤の効果が不十分 降圧剤を飲んでいる人は、効果が不十分で血圧が下がり切らないまま、夜中から血圧が上がってしまうことがあります。 3. 糖尿病、腎臓病、無呼吸症候群 この病気の場合、自律神経の働きも悪くなり血圧が上がり安くなります。 4. 高齢 年を取ると、夜間に血液が濃くなり血圧が上がりやすくなります。脳卒中、心筋梗塞のリスクも上がります。 5. 生活習慣 睡眠不足、喫煙、ストレスなどは自律神経が乱れてしまうため、夜間も血圧が下がらない場合が多いと言われています。 早朝高血圧の予防と対策 早朝高血圧であるということは、日中に活動をしているときはさらに血圧が高くなっているということです。日中の仕事による疲労やストレス、感情の起伏が原因で脳卒中や心筋梗塞を起こしてしまうリスクが高まります。まずは、高血圧の治療をする必要があります。降圧剤を飲んでいる方は、もし血圧が高い状態が続いているのであれば効果が不十分である可能性がありますので、医師に血圧の値を見せつつ相談してください。薬だけでは、血圧のコントロールは難しくなります。 減塩、適度な運動、十分な睡眠、規則正しい生活をすることが、病気の予防にもなります。また降圧剤を飲む前の運動は危険ですので、朝のジョギングなどは内服してから行うようにしてください。降圧剤は食後に服用とされていることが多いのですが、時間の目安なので食前に内服しても問題ありません。活動を始める前に内服するようにしましょう。 早朝の血圧には注意が必要です。朝方は心臓や血圧にとって注意が必要な時間帯になります。便秘でイキんだりすると血圧も上がります。冬場は温度差も加わって、特にリスクが上がります。朝方病院に運ばれる方は脳卒中、心筋梗塞であることがほとんどです。朝のトイレの後に倒れるケースが多いと言われていますので、朝の血圧が高い方は十分注意してください。 @kouketsuatsulabo #高血圧 #血圧改善 #早朝高血圧 #原因

kouketsuatsulaboさん(@kouketsuatsulabo)がシェアした投稿 –

 





このページの先頭へ