ダイエットの停滞期は、ダイエットに挫折する大きな要因です。

しかも、ダイエット開始後3~4週目の一度だけではなく、ダイエットをつづけていると、さらに数週間後、あるいは数カ月後と何度も必ず訪れます。

このサイトでは、ダイエットの停滞期を乗り切るコツについて解説していきます。

<目次>
・ダイエットの停滞期を乗り切るコツ

・生酵素スムージーの満腹感で停滞期を乗り切る

・ダイエットの停滞期が起こる原因

・やっぱりそうだった!体脂肪を増やすのはこの2つです。




ダイエットの停滞期を乗り切るコツ

停滞期は、ダイエットに挫折する大きな要因です。

しかも、ダイエット開始後3~4週目の一度だけではなく、ダイエットをつづけていると、さらに数週間後、あるいは数カ月後と何度も必ず訪れます。

しかし、停滞期は、反面ではダイエットが順調に進んでいる証拠です。

それまでの体重減少の慣れの時期であり、今後、さらに体重が減るための準備段階です。

停滞期を繰り返しながら体重は徐々に減っていくのです。


停滞期がつづくのは、せいぜい1~2週間です。

「体重が減らなくてもあたりまえ」とおおらかに構えて、これまでどおりの正しいダイエットをつづけていれば、必ずまた体重は減り始めます。

停滞期を乗り越えようと、あせって、さらに減食するようなことをしてはいけません。

停滞期が訪れるたびに無理な減食を繰り返していると、気力がなくなる、疲れる、すぐ体調をくずす、めまいや立ちくらみ、貧血を起こす、やつれて肌荒れ、たるみ、しわができる、髪が傷んだり抜けたりする、腰痛や膝関節痛を起こすなどといった、さまざまな症状や障害が生じてしまいます。
それでも、停滞期をなんとかして


乗り切りたいというのであれば、これまでのダイエット法に、さらに運動を少し加えるようにしてください。

ただし、停滞期が3週間以上つづは食べすぎている可能性があるので、現在の食事量から100~200KCal程度を減食する必要があります。

そこでオススメなのが、生酵素スムージーです。

生酵素スムージーは、空腹への対策もばっちりしてありますし、ポイントは、生酵素スムージーに含まれるサイリウムです。

サイリウムは、プランタゴオバタの種子の皮を粉末にしたものです。

何とも頼りない粉末なのてすが、水分に溶かして飲むことで、胃の中で、しっかりと30倍に膨らみます。

だから、生酵素ムージーは、ダイエットの難敵、「空腹」ともしっかり戦ってくれるんてす。

 


美味しく無理なくスッキリを目指せる「生酵素スムージー」

 

偏った食事や不規則な生活環境。現代に生きる人々は酵素不足と言われています。からだのレシピシリーズは、日本に古くから伝わる健康食、“酵素”に注目し、自然の恵みたっぷりの植物発酵エキスを使用したサプリメントブランドです。






生酵素スムージー
公式サイトでは、お得な!今だけ定期コースを用意しています。
 詳しくはこちら>>

生酵素スムージーの満腹感で停滞期を乗り切る

シリーズ累計790万個を突破する「生酵素」でお馴染み【からだのレシピ】の、美味しく無理なくスッキリを目指せる「生酵素スムージー」。

222種類の植物発酵エキスに加え、美容成分のプラセンタやスッキリサポートの食物繊維がたっぷり。

食事制限を無理したくない方や、ハリや潤いが気になる方、また、他社スムージーの味が苦手な方にオススメです。

「生酵素スムージー」利用した人の喜びの声

・普段は飲む生酵素でプチファスティングしながらダイエット中ですが、たまにちょっと食べ過ぎたかな~というときなどに、一食スムージーに置き換えたりしています。

・今回のpicは、グリーンスムージー!このスムージーの実力は自分で実証済みなので、ちゃんと気合を入れ直してダイエットに励みます。

・振るだけで簡単に美味しいスムージーが出来上がるから、忙しい朝でも楽チン。夏に向けてダイエットしようと思ったから、今日からスムージー足して頑張ります!

・レッドだけど爽やかなレモネード味だからトマトジュースさえ苦手な私でも美味しく飲めた。腹持ちが良いから置き換えダイエットにもオススメです。

もっと詳しく「生酵素スムージー」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>スッキリサポートの食物繊維がたっぷり。味は選べる4種類!(グリーン、アサイー、抹茶、レッド)

ダイエットの停滞期が起こる原因

ダイエットを始めると、最初のI~2週間ぐらいは順調に体重が減っていきます。

ところが、3~4週目ごろになると体重の減り方が足踏み状態になります。

それまでと同様にきちんとダイエットを実践しているのに、体重の減り方が少なくなったり、ストップしてしまうのです。


これが停滞期です。

停滞期は、ダイエットを行っているほとんどすべての人に遅かれ早かれ必ず訪れます。

停滞期は、体の状態を一定に保とうとするホメオスタシスのあらわれです。

ダイエット開始当初の順調な体重の減少は、実は体脂肪が減ったせいではなく、ほとんどが水分の減少によります。

さらにダイエットをつづけるうちに、体は、入ってくる食べ物が少ないことを「飢餓に向かっているのではないか?

これでは危険!」と判断します。

そして、これ以上体重が減らないようにと、筋肉を減らすことで一時的に基礎代謝などの消費エネルギーを低下させ、体脂肪をエネルギーとして使わないようにします。

こうして体重停滞、つまり停滞期が起こるのです。

やっぱりそうだった!体脂肪を増やすのはこの2つです。

肥満、つまり体脂肪率が高くなるのは、さまざまな要因が重なり合うせいです。

ただ、最も基本的な要因は、体の中にとり込んだエネルギーと、体を動かすことなどによって使
ったエネルギーのアンバランスです。

端的に言えば、食べたり飲んだりして体にとり込んだエネルギーが余ってしまうこと、言いかえれば、そうしたエネルギーのとりすぎが肥満の原因なのです。

人間が食物から体の中にとり人れるエネルギーを摂取エネルギーといい、生命を維持したり活動したりするために使うエネルギーを消費エネルギーといいます。

この2つのエネルギーの、いわば収支がとんとんであれば、差し引きゼロで問題はありません。

ところが、摂取エネルギーが余ってしまうことがあるのです。

その原因の一つは摂取エネルギーが多すぎること、すなわち食べすぎです。

そして、もう一つは消費エネルギーが少なすぎること、これが運動不足です。

これらの原因でエネルギーは余ってしまい、この余ったエネルギーが脂肪に変えられて脂肪細胞に蓄積され、体脂肪をふやし、体脂肪率を高めてしまうのです。





このページの先頭へ