子供が早寝早起きするレシピ

「早寝早起き」がどんなにか、子どもたちの脳や体の発達に大切であるのか、よくご存知でしょう。

それと同時に、お母さんたちも助かるこもたくさんあります。

子どもを早起き早寝させるようになって良かったことについて、こんなお母さんたちの感想をお間きしました。

①自分の自由な時間が持てるようになった。

②疲れがとれ、イライラしなくなった。ストレスがなくなった。

③家族の雰囲気が良くなった。

④寝る時間が決まると、物事がスムーズに進む。

⑤朝、子どもたちが自分で起きるようになった。

⑥朝、子どもたちの笑顔・元気な顔が見られるようになった。

⑦どうして「早起き早寝」の良さをもっと早く敦えてくれなかったの!

でもなかなかできないのが、現実ですよね。

「早寝早起きできないから、困っているのに、そんなに責めないでほしい。いったい、どうしたらいいの?」というのが本音だと思います。

そんな皆さんに、起おすすめの早寝早起きレシピをご紹介します。

【早寝レシピ】

①大好きなパジャマを用意して
大好きなキャラクターがついていて、早く、パジャマを着たいな~って思わせれば、それだけでも、早く寝よう! という気持ちにつながるかも知れませんね。

子どもたちが好きそうなかわいいパジャマで工夫しましょう。もちろん子どもは眠っているときも汗っかきですから、吸湿性に富んだ素材がベスト。

②アロマセラピーを上手に取り入れる
ゆっくり眠れるアロマは、ジャスミン、柑橘系、ローズマリーなどなど。精油をティッシュに少しなじませて、枕元に置いてみましょうか?毎日、違う香も楽しいですね。

③枕を選んであげましょう
子どもに合った枕を探すのも、一つの方法です。もちろん、日々成長してしまいますから、何回も買い換えるわけにはいきませんが、楽しいですよ。最近、流行の低反発クッション枕なども良いかも?

④力-テンで演出しましょう
カーテンの柄を宇宙にしたり、空にしたり、ジャングルにしたり、深い色に配色するのも方法です。

「ほら、お月様が出てきたよ、さ、寝ようね」など、カーテンを閉めたときに出てくる絵に「おやすみなさい」を言うのも良いかもしれません。

【早起きレシピ】

①目覚まし時計 最近楽しい音楽・歌が流れたり、キャラクターものもあります。楽しく起きなきや。

②テレビ(土曜日・日曜日の朝は、アニメや子ども向け番組を放映してます)これで、子どもたちは自分たちで自主的に起きてくる。

③カレンダーに「できました」シールを貼る。

④おでかけ・イベントーでも、この作戦は、いつもというわけには行きませんね。

⑤早起きの日をつくろう。

以上、早寝早起きのレシピを紹介しましたが、ポイントは早く寝ることが大切です。

夜遅くまで起きている子供を、朝早く起こして睡眠不足にさせると、脳や体の発達に影響が出てきます。

今まで、夜遅くまで起きていた子どもを、早く寝かせることは、本当に大変です。

先程紹介した【早寝レシピ】で、早く寝てくれれば問題ないのですが、【早寝レシピ】では早く寝てくれない。

そんな方にオススメなのが「マインドガードDX」です。

「マインドガードDX」は、話題の休息ハーブモリンダシトリフォリアをベースにギャバとレスベラトロールを使用し休息サポートサプリメントです。

妊娠中の方でも飲めますし、小さなこどもでも、ゴクゴクおいしく飲めると公式サイトで説明しています。

お風呂上りに飲むと、より効果的に睡眠をサポートしてくれます。

なかなか寝つかないお子様に、一度試してみては如何でしょうか?

もっと詳しく「マインドガードDX」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

 休眠サプリ!子どもが飲めるマインドガードDX >>

 

話題の休息ハーブモリンダシトリフォリアをベースにギャバとレスベラトロールを使用した安心して続けられる休息サポートサプリメントです。






マインドガードDX
公式サイトでは、お得な!お試しセットを特別価格にて販売しております。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ