子どもを簡単に寝かせる方法は、入浴後の20分後にベットに入らせる

「こどもを早く寝かせたいけれど、なかなか寝てくれない」と、困っている親御吉んは多いものです。

けれども、そのような家庭のライフスタイルを開いてみると、早寝などとてもできない環境である場合が少なくありません。

たとえば、夕食の時開か遅い、お父さんの帰宅を待って父と子でお風呂に入るなどです。

こどもは、食事や入浴の時間を自分1人で決めることはできません。

つまり、こどもが夜更かししている家庭では、親が決めた生活サイクルになんらかの問題があると考えられます。

まず夕食の時間ですが、できるだけ早めの時間に済ませるのが理想的です。

働いているお母さんにとってはむずかしい面もあるかもしれませんが、今は電子レンジやフードプロセッサーなどの便利な調理器具があるのですから、こうしたものを上手に活用して、手早く料理をつくるようにしたいものです。

野菜料理やお惣菜は週末に作り置きをしておき、冷凍や冷蔵で保存しておくのもよいでしょう。

次に、お風呂の時間です。「お父さんがお風呂に入ると方にこどももいっしょに入れてもらおう」というお母さんも多いのですが、お父さんの帰宅を待っていると、22時、23時になってしまう場合があります。

お父さんとお風呂で会話する時間も大切ですが、平日は、こどもを早寝させることを優先してください。

その分、お父さんがお休みの日には、思いきリ遊んでコミュニケーションをとってもらいましょう。

お風呂は、寝ると決めた時間の40分~1時間ほど前に入るようにするとよいでしょう。


お風呂に入ると体温が上昇しますが、20分ほどすると下がってきます。そのころに、布団に入るようにすると、眠リにつ方やすくなります。

人間の体温はー日のなかでつねに変動しており、明け方にもっと低くなって、日中にかけて上昇し、夕方をピークに、しだいに下がります。

体温が下がりかけるタイミング、つまリ入浴から20分後に床につくことは、自然のリズムにかなっているのです。


このタイミングで就寝すると、こどもは10分程度で眠りにつきます。

また、入浴して血行がよくなると、副交感神経の働きが優位になるので、リラックスすることができます。

リラックスすることも、深い眠リにつくために大切な要素です。

大人の時間帯にこどもの生活を合わせているご家府も多いようですが、こどもにはこどもに適しか生活時開かあります。

こどもが成長して自立する年齢になるまでは、できるだけこどものリズムに合わせて生活しましょう。

しかし、生活のリズムを変えるまでが大変です。

早寝、早起きの生活を押し付けても、なかなか思うようにはなりません。

そこでオススメなのが「マインドガードDX」です。

「マインドガードDX」は、話題の休息ハーブモリンダシトリフォリアをベースにギャバとレスベラトロールを使用し休息サポートサプリメントです。

妊娠中の方でも飲め、小さな子供が、ゴクゴクおいしく飲めると公式サイトで説明しています。

お風呂上りに飲むと、より効果的に睡眠をサポートしてくれます。

なかなか寝つかないお子様に、一度試してみては如何でしょうか?

もっと詳しく「マインドガードDX」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

 休眠サプリ!子どもが飲めるマインドガードDX >>

話題の休息ハーブモリンダシトリフォリアをベースにギャバとレスベラトロールを使用した安心して続けられる休息サポートサプリメントです。




マインドガードDX
公式サイトでは、お得な!お試しセットを特別価格にて販売しております。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ