「女性の妊娠力」はよく聞きますが、「男性の妊娠力」はあまり耳にしませんね。

しかし、不妊の原因は女性だけではありません。

パートナーである男性にも原因があるケースが増えています。

では、どうすれば男性の妊娠力をアップすることができるのか?

このサイトでは、男性の妊娠力をアップする食べ物について解説していきます。



男性の妊娠力をあげる食べ物は?

男性に、ぜひとってもらいたい栄養素は「亜鉛」です。

亜鉛は非常に大切なミネラルであり、精子形成や前立腺の働き、精子の運動と活性化にもかかわっていて、別名「セックスミネラル」ともいわれています。

それにもかかわらず、男性に亜鉛欠乏が多いのです。

亜鉛が欠乏すると、意欲の低下や性欲の低下が起こるのも特徴です。

不妊治療をしている医師が、亜鉛など必要な栄養素をとって検査結果が改善したあとの精子を見て、「別の人の精子ではないか」と言ったそうです。

それくらい精子の数も増えますし、精子の運動も改善するのです。


また、亜鉛には、血糖値を下げるインスリンの分泌を調整する働きがあります。

亜鉛が欠乏すると、この調整がうまくいかなくなり、インスリンの出が悪くなったり、逆に出すぎたり、出るタイミングが遅れたりします。

つまり、「インスリン抵抗性」が出てくるというわけです。

インスリン抵抗性が増大しているときは、亜鉛も減少する傾向があるので、血糖値が高くなる食事をしないようにしましょう。

男性に質問してみてください。普段、こんな食事をしていないでしょうか?

・昼食は安くて手軽なうどんやそばの単品ですませている
・ファストフードを好んでよく食べる
・残業で遅くなり、深夜に帰宅してから食事をとる
・つきあいで週に何度もお酒を飲んでいる
・お酒のつまみには脂っこいものを頼んでしまう
・飲んだあと、シメのラーメンは欠かせない

男性がうなずいていたとしたら要注意! 亜鉛欠乏にまっしぐらです。

今あげた例を見ただけでも、サラリーマンの典型的な食生活とわかるでしょう。

ほとんどの働き盛りの男性は、亜鉛が足りていません。

赤ちやんがほしいと思っている女性のパートナーたちの栄養が、あきらかに足りていないのです。

改善策として、昼食は単品ものではなく定食にしましょう。

お酒を飲むときは、量を控え、おつまみも意識して高たんぱくで低カロリーのものを選びます。

夜のラーメンやお茶潰けは、肥満を防ぐためにもやめる決心をしてもらいましょう。

血糖値を上げないような食べ方を続けていれば、おのずと肥満予防にもなります。

肥満を防ぎ、健康にもなり、赤ちゃんもやってくると、いいことづくめなのです。

また、サプリメントで亜鉛を摂取するのもいいでしょう。

忙しくて、食生活の管理ができない方や、職業柄どうしても規則正しい生活ができない方に、ぜひ、サプリメントでの補給をオススメします。

 

亜鉛配合でオススメのサプリメントは「マイシード」です。

「マイシード」は、妊活にはげむ夫婦のための男性用栄養補給サプリメントです。

男性の元気を補う3大栄養素、「亜鉛」「還元型コエンザイムQ10」「ソイポリア(ポリアミン)」がふんだに配合されています。

妊活のために体を整えたい、でもクリニックで相談するのは負担を感じる…。そんな男性が手軽に始められる男性専用の妊活サプリメントです。

もっと詳しく「マイシード」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>妊活夫婦のための男性栄養補給サプリメント

 

男性妊活に必要な3大栄養素、「精液中の抗酸化力を高めるコエンザイムQ10」・「精子を元気にする亜鉛」・「造精障害を抑制するソイポリア」や「マカ」などをふんだんに配合。






マイシード
公式サイトでは、本気で始める!お得な毎月お届けコースを用意しています。  詳しくはこちら>>





このページの先頭へ