ココナッツオイルがが中性脂肪を減らす!

肥満はさまざまな生活習慣病を招くと同時に、中性脂肪が増えたり、アルツハイマー病の危険因子にもなります。

一般的な食用の油脂は中性脂肪になりやすく、それは皮下脂肪として蓄積しやすいことを意味します。

中性脂肪が過剰に増えると健康が脅かされ、動脈硬化を進めていきます。


中性脂肪を下げる食べ物として、ココナッツオイルが有効的です。

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、素早く吸収、肝臓で分解されてケトン休になり、エネルギーとして消費されます。

このため、普通の脂質=長鎖脂肪酸のように、中性脂肪の形で血液中にとどまることかありません。

ということは脂質をココナッツオイルに置き換えて摂取することで、血中の中性脂肪を減らすことができるのです。

今まで使っていた一般の油をココナッツオイルに「置き換える」ことに加えて、糖質や他の油脂類のコントロールすることが中性脂肪を下げるためには有効なのです。

動脈硬化など血管に関わる病気を引き起こす中性脂肪を効果的に減らすことで、単なる体重減少だけでない、健康的なダイエットが可能になります。


ココナッツオイルは、普通の食用油の代用として、あるいは味と香りを加える調味料として、さまざまな使い方ができます。

摂取目安は1日に大さじで2杯ほどですが、ときにお腹が下る方がいますので、そういう方は量を減らすなど、調節してください。

また独特の甘い香りがしますので、洋風、エスニック、中国料理などによく合います。しかし意外に和食でも、みそ汁や納豆、豆腐と合わせてもおいしいです。

この香りが奸みではないという方、量を減らす他、100%中鎖脂肪酸でできているMCTオイルに切り替えるなども一案です。

料理に混ぜるものでもっとも簡単なのは、カレーやシチュー、スープなどに少量人れることです。コーヒーやミルクティー、ココアなど飲み物に人れるのもいいでしょう。

また、食用油として、調理に使うときは、酸化しにくいので、炒め物、煮物といった加熱する料理にも使うのがいいでしょう。

食事全体のコントロールが健康の「かなめ」であり、ココナッツオイルを加えれば全てよし、というものではありません。

 


スーパーモデルも愛用する話題のスーパーフード

 

ハンズエクストラバージンココナッツオイルは、世界で最も長い歴史を持つスリランカ・セイロン島で採れた高品質なキングココナッツを使用しています。有機JASや世界のオーガニック認定。無添加、無農薬、無精製の有機ココナッツオイル!





ハンズオーガニックエクストラバージンココナッツオイル
公式サイトでは、断トツお得な!まとめ買いを用意しています。  詳しくはこちら>>





このページの先頭へ