元カレに貸したお金を返してもらうには…

貸したお金を法的に返してもらうには、「貸した証拠」が必要となる。

「月に1万円、2万円と彼氏に渡していた。1回の金額はそれほど大きくなかったので借用書は書いてもらっていなかった。しかし、改めて総額を計算すると、25万円という金額を貸していた」

このケースのように、借用書がないというような場合は、何はともあれ、まず相手にお金を貸したことを認めさせなくてはならない。

簡単なのは、メールやLINEなど、目に見える文書の形で記録を残しておく方法だ。

「ちょこちょこ貸したお金が、計算したら25万円になるんだけれど、いつ返してくれる?」と送信して、相手から「○○までに返す」などの返信を受け取っておく。

このやリ取りが、「お金を貸した証拠」となるのだ。

気をつけたいのは、口頭でのやリ取りだけでは「証拠」にならないこと。

電話や直接会っての話し合いは、たとえ相手が借金を認めても、法的には証拠にならない。

電話や対面の場合は、やリ取りを録音しておく、友人などの第三者に証人として同席してもらうなどの措置を必ずとるようにしよう。

「○○までに返す」と借金を認めていながら、それでも相手がなかなか返してくれないときはどうしたらよいか?

もし返せない理由が「手元にまとまったお金がなくて一括返済ができない」ということであれば、月1万円ずつの分割返済などを提案して、相手と合意した内容を「契約書」の形で残しておく。


しかし、なかなか返してくれないときは、法的手段で!

法的手段と聞くと、大げさに思うかもしれませんが、貸したお金が60万円以下なら、「少額訴訟」という簡単に「貸金請求」の訴状を作成し、裁判所に提出するだけで、個人でもきて、費用もあまりかからないのです。

そんなこと難しくてできないと思う方は、弁護士に頼めばいいのです。

たとえば、25万円の「少額訴訟」を弁護士に頼んだ場合の費用は、相談料が5,000円程度、着手金が訴額の5~10%程度、報酬金はだいたい回収できた金額の約10~20%が相場です。


今、ネットで法律のプロに相談できる無料サービスがあるのをご存知ですか?

ネットで弁護士に頼んだ場合、最初の相談は無料で対応してくれます。また、着手金も、交渉すれば後払いにしてくれます。

よって、ネットで25万円の「少額訴訟」を弁護士に頼んだ場合の費用は、借金を回収した際に、約4万円~7万を支払えばいいんです。

弁護士に相談できる無料サービスでオススメなのが「日本法規情報」です。

ご回答回数延べ1,000件以上、3,000人以上の専門家を案内できる、業界トップクラスのサービスです。

相談の流れは、「日本法規情報」のサイトから、相談内容を送信すると、相談した内容を元に、3~5の専門家から電話やメールで相談内容の解決方法や費用などを教えてくれます。

疑問なことがあれば、メールや電話で問い合わせれば対応してくれます。

ここまでは無料で対応してくれます。

そして、紹介してもらった3~5の専門家の中から、依頼したい専門家を選んで、少額訴訟の書類作成などの本格的な相談に入るという流れです。

もっと詳しく「日本法規情報」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

貸したお金を法的に返してもらうなら… >>

 


貸したお金が返ってこないとお悩みの方

 


日本法規情報の相談窓口案内サービス、3つの選ぶポイント!1.細かい要望にピッタリ!2.土日OK!女性先生等対応可能!3.相談のみOK





日本法規情報
公式サイトでは、簡単入力ホームからプロに相談できます。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ