顔の肌荒れを早く治したいときは、肌荒れに有効な成分配合の化粧水、クリームなどでケアしますよね。

しかし、いくらケアしても肌荒れが改善しないなら、顔の肌荒れ改善に有効な食べ物を摂ることをオススメします。

このサイトでは、顔の肌荒れを早く治す食べ物を紹介します。

 

<目次>

・顔のシミや肌荒れを早く治す食べ物はコレです!

・顔の肌荒れに有効な牡蠣は海のミルクと呼ばれるほどの滋養のかたまり




シミや肌荒れを早く治す食べ物はコレです!

カキは、おいしいうえにビタミンやミネラル、必須アミノ酸などがバランスよく含まれ栄養がたっぷりなので、冬の味覚の筆頭にあげられるほどです。


カキの殼は牡蛎と呼ばれて鎮静作用があり、古くから漢方の生薬として使用されてきました。

肉のほうは食べておいしいためか、薬としては利用されませんでしたが、さまざまな効用のある、いわば「食べる薬」として、古くから重宝されてきたようです。

中国の古い文献『本草綱目』には、カキ肉の健康効果とともに「やいて食えば甚だ美味で、皮膚を細にし、顔色を美しくする」とあり、美容に効果の高い食品と記されています。

私たちは、こうしたカキの肌への効果という点に着目し、実際に確かめてみることにしました。

もっともカキを毎日大量に食べることは現実には不可能ですから、カキ肉のエキスを使用して、その有効性を試してみたのです。

肌荒れのせいか化粧ののりが悪いとか、顔にシミがある、髪の毛がパサパサしているなど、美容上の不満がある、26歳から61歳の女性22人を対象にし、この人たちに3ヵ月の間1日2回、朝食と夕食のあと3錠ずつ、1日計6錠のカキ肉エキスを服用してもらいました。


そして、実験の結果から、カキ肉のエキスはシミに対してはなかなか効果があることがわかりました。

では、カキ肉エキスになぜ、シミや肌荒れなどの肌の状態を改善する効果があるのでしょうか。

肌は内臓を映す鏡、といわれたり、また、シミが肝炎といわれるように、私たちの皮膚は肝臓を中心とする内臓の健康状態に大きく影響されています。

中でも肝臓に障害があると、シミができたり化粧ののりが悪くなると考えられています。

私たちはラットを使った実験などでカキ肉のエキスが実際に肝臓障害を改善することを確認しました。

食べておいしく、肌にもおいしい効果のあるカキは、まさに味覚の王様です。

しかし、牡蠣が苦手な人がいます。

そんな方は、サプリメントで補えば…。

しかし、牡蠣のサプリメントといえば、男性の活力増大に効果ありといった、生殖器の活力系が大半なので、ちょっと買いづらいし、飲みづらいですよね。

しかし、女性のためにつくられた牡蠣エキス配合のサプリメントが発売されました。

それが「牡蠣美人」です。

「牡蠣美人」は、かわいいジャケットを採用した、従来の男性用サプリのイメージを一新した、女性が気軽に飲める牡蠣エキス配合サプリメントです。

もっと詳しく「牡蠣美人」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

お肌のシミ、肌荒れが気にならなくなりました。 >>

顔の肌荒れに有効な牡蠣は海のミルクと呼ばれるほどの滋養のかたまり

カキは、良質のタンパク質、ビタミン、ミネラルなどをバランス良く含んでおり、滋養強壮に効果があることから「海のミルク」と形容されてきた。

カキエキスは、生カキの成分を抽出してこれを濃縮したもので、季節を問わずカキの栄養成分を手軽に摂れる健康食品として人気を集めている。

カキエキスの特徴は、タウリン、グリコーゲン、亜鉛の含有量の多さである。

カキエキスは、乾燥粉末や錠剤、カプセル、ドリンクなどが市販されているが、乾燥カキエキスlOOgの中にはタウリン約5g、グリコーゲン約42g、亜鉛約18mgが含まれている。

したがって、乾燥粉末を1日に6~30g摂取すれば、大人ひとりのタウリン必要量すべてを補給することができる。

タウリンはアミノ酸の一種である。

肝臓の代謝機能の改善、高い血圧や低い血圧の正常なコントロール、血栓の予防、心臓の興奮の鎮静化、体内の老廃物や有害物質を分解し、発がんを抑えるなど多くの効用がある。

肝臓病や高血圧、低血圧、脳梗塞、心筋梗塞、がんなどの予防と改善に有効で、疲労時の体力回復や気力回復にも大いに効果を発揮してくれる。

グリコーゲンは、動物でんぷんとも呼ばれる多糖類のひとつである。

ただちに体内に吸収されて筋肉や肝臓などに貯蔵され、必要に応じて即効性のエネルギーとなる。

肝臓の働きを活発にし、ホルモンを正常に機能させて体に活力を与えるという働きも知られている。

亜鉛は、インスリンの分泌促進、ホルモン代謝など生体反応に欠かせない微量ミネラル元素。

「セックス・ミネラル」と呼ばれるほど、生殖器や脳機能の活性化に大きく作用する。

カキは身の部分だけでなく、その殼にも汗止め効果や鎮静効果、緊張緩和などの作用があるとして代表的な漢方薬のひとつとなっており、ヒステリー、寝汗、不眠、精神不安定の治療薬として使われている。

漢方名では牡頗(ぼれい)とよぶ治療薬である。

日本でも漢方薬局などで入手できるので、興味のある方は一度試されてはいかがだろうか。

 

肌の悩みは、食べて解消しました!

 

牡蠣が苦手な方でも大丈夫!忙しいあなたにピッタリなナチュラルフード。亜鉛パワーが女性の悩みをサポートしてくれます。シミや肌荒れは食べて解消!!





牡蠣美人
公式サイトでは!お得な、初回定期コースを用意しています。  詳しくはこちら>>





このページの先頭へ