私たちが、年を重ねても元気で活発にいるためには、バランスのとれた食生活がとても大事です。

それは睡眠にとっても同じことです。

よい睡眠をとるには、セロトニンを増やす食べ物を摂ることが大事です。

セロトニンを増やす食べ物を摂取すれば、質のいい睡眠が得られます。

<目次>

・この食べ物がセロトニンを増やす食材だ!

・セロトニンを増やす食べ物を摂れば、うつを防止・改善できる!



この食べ物がセロトニンを増やす食材だ!


質のいい睡眠を得るためにはどうすればいいのですしょうか?

それは、セロトニンを減らさないことです。

セロトニンは、夜の眠りに欠かせないメラトニンをつくる材料になるからです。

ではセロトニンはいったい何からつくられるのでしょうか?


その答えが、食事にあります。

セロトニンの材料となるのは、食事から摂取されるトリプトファンというアミノ酸です。

トリプトファンは必須アミノ酸の一種で、食事からでしか摂取することができません。

よって、食事のときに、きちんとトリプトファンを含む食品をとっていることが大事です。

トリプトファンは、ほとんどのタンパク質食品に含まれていますが、特に多く含まれるのは、豆腐、納豆などの大豆製品の他、レバー、チーズ、牛乳、ヨーグルトなどの乳製品、マグロの赤身、バナナ、お米などです。

また、トリプトファンがセロトニンを合成する際には、ビタミンB6か不可欠となります。

食事の際は一緒ににとることが大切です。

ビタミンB6を多く含む食品は、ニンニク、ショウガ、豚肉や牛レバー、青魚などです。

ビタミンB6には、血液をさらさらにして動脈硬化を予防する働きなどもあります。

さらに脳のエネルギーとなるブドウ糖も一緒にとることが大事です。

これは米、イモなどの穀類の他に、果物などに含まれます。

一般的に健康にいいとされるバランスのとれた食事をしていれば、おのずとトリブトファンを摂取することができます。

最近、食育という言葉をよく聞くようになりましたが、体にいい食事を心がけることを、子どもからお年寄りまで家族ぐるみでおこなうようにするのが、結局は眠りのためにも理想的です。

しかし、現代社会においては、どうしても不規則な生活になり、食事の時間がまちまちなったり、偏食になったりと、どうしてもバランスに欠いた食生活になりがちです。


そんな時に強い味方が、サプリメントです。

サプリメントだと、簡単にセロトニンを補給でき、継続性も容易です。

不規則な生活や偏食ぎみの方は、サプリメントでセロトニンを補給しては如何でしょうか?

セロトニン配合サプリメントでオススメなのが「マインドガードDX」です。

「マインドガードDX」は、話題の休息ハーブモリンダシトリフォリアをベースにギャバとレスベラトロールを使用し休息サポートサプリメントです。

妊娠中の方でも、ゴクゴクおいしく飲めると公式サイトで説明しています。

お風呂上りに飲むと、より効果的に睡眠をサポートしてくれます。

もっと詳しく「マインドガードDX」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

話題の休息ハーブモリンダシトリフォリアをベースした、安心安全な休眠サポートサプリメントです。 >>

セロトニンを増やす食べ物を摂れば、うつを防止・改善できる!

セロトニン不足で起こる代表的な病気といえば、「うつ病」があります。

うつ病で最初に現れる症状というのが、不眠です。

精神的なストレスや肉体的なストレスで疲れがたまりすぎると、人間は眠れなくなってしまうことがありま
す。

すると夜眠れなかったため、次の日の朝起きられません。

無理に起きても大脳が目覚めていないので、体も目覚めることができず、やる気が起こらない。

まさしく「セロトニン欠乏脳」の症状になってしまいます。

これは1~2日のストレスではなく、長い期間強いストレスを受け続けることで起こります。

その結果として、慢性的にいい睡眠がとれなくなります。

同時に朝も起きられない状態が続き、そのため大脳の目覚めも起こらないので、自律神経の目覚めもない。

気持ちや気分の目覚めも起こらないから、仕事や学校に行きたくない。

そこから先は悪循環です。

起きられないため、やがて本当に仕事や学校に行くことができなくなり、家のなかに引きこもってしまい、家から出ることすらできなくなってしまいます。

家から一歩も出ないため、太陽の光も浴びない、体も動かさない。

時間の感覚がなくなり、生活も昼夜逆転になっていく。

そうして、セロトニン神経がまったく活性化されない、まさにセロトニン欠乏脳を、今度は自らがつくり出してしまうのです。

一方で、最初にあった強いストレスのほうは、家から出ないのだから直接はかかってこない。

よって、だんだんストレスは少なっている。

ですから本来ならよくなっているはずなのに、セロトニン不足の生活をはじめてしまったために、治るべきものも治らない状態に陥ってしまったのです。

つまり、うつ病というのは最初は不眠からはじまるけれども、本当に怖いのはその後に起こるセロトニン欠乏脳であると私は考えます。

セロトニン欠乏脳の悪循環に陥ったうつの改善には、セロトニン睡眠法が適しています。

うつを改善するには、まずは休息することです。

心も休も疲れて休めなかったのだから、昼夜関係なく、休めるときに休む。

ストレスの原因から離れて休むこと。

これが治療の第一歩です。

十分に休息をとり、ストレスを受けていない状況が確認されたら、第二歩めは、セロトニン睡眠法です。

そのまま薬を使ってボーッとした生活を続けていたら、セロトニンは増えません。

では、そのために何をしなければいけないかというと、朝起きること、太陽の光を浴びること、そして休を動かすことです。

ウォーキングでも構いません。

ジョギングのできる人はジョギングでもいいでしょう。

とりあえずは疲れない程度に、軽い運動を取り入れてみる。

もちろん、やりすぎは禁物です。

まずは、少しずつセロトニン睡脱法を生活に取り入れるようにします。

最初はちょっとやっただけでも、すぐに疲れて眠くなってしまうかもしれません。

なぜなら、セロトニン欠乏脳の悪循環に陥っていた人は、その後遺症のようなものがあり、非
常に疲れやすいからです。

そのときは、無理をせず仮眠をとってもいいでしょう。

ただし仮眠は30分以内にしてください。

最初は大変かもしれませんが、セロトニン神経を活性化させるこの生活を3ヵ月くらいは、意識しておこなっていくと、それがだんだん生活習慣として確立していくはずです。

なかには、うつ病で休職中の人が家で何かしたいと思い、FXという外国為替に手を出したらすっかりはまってしまい、さらに眠れなくなって体調が悪化したーというケースもあるようです。

通常の株式の場合、証券取引所が間いている時間帯しか売買することができませんが、FXは世界中の為替市場が間いているので、24時間取引することができます。

よって、夜中まで株にのめりこみ、眠れなくなったというわけです。

これも、もちろんセロトニン不足の生活スタイルがいけなかったわけですが、単純にそれだけではなく、この人の場合は株の依存症になった可能性もあります。

株もそうですが、インターネットや携帯電話なども依存症になりやすい。

株をインターネットや携帯電話でチェックしているうちに、依存症になってしまったことが考えられます。

つまり、この人は、依存症になりやすい環境を白分でつくってしまったといえます。

依存症というのは、脳内物質のドーパミンの暴走によって起こる病気です。

ドーパミン神経は食欲、性欲といった「快の情動」に関係の深い神経細胞です。

このドーパミン神経が暴走すると、一度味わった快楽を求め続けてしまい、依存症が起こります。

アルコール依存症、薬物依存症、ギャンブル依存症、女性に多いのは、買い物依存症などです。

また拒食症や過食症なども快楽を求めるがゆえの依存的な病気です。

セロトニン神経には、このドーパミンの暴走を制御して、バランスを保つ働きもあるのです。

もうひとつ、「不安」や「ストレス反応」に関係が深いノルアドレナリン神経も、セロトニン神経によって、制御されている神経系統です。

ノルアドレナリン神経は、たとえるなら、脳内の「危機管理センター」です。

不測の事態に対処するためには必要ですが、強くなりすぎてしまうと問題が起こります。

そのひとつが「パニック障害」です。

何か心理的なストレスがかかると、体は何ともないのに、脳神経から窒息するかもしれないという誤った警告が発せられて、呼吸発作が起こります。

発作を起こしている人は「このまま死んでしまうかもしれない」と思うほどの恐怖感に慌てふだめくのですが、実際には10分程度で収まります。

このようなノルアドレナリンの暴走も、セロトニン神経は制御してくれます。

セロトニン睡眠法で、セロトニン神経を鍛えれば、不眠やうつだけでなく、依存在やパニック障害を改善することができるのです。

 


以前より、眠りが深くなった気がします。

 

話題の休息ハーブモリンダシトリフォリアをベースにギャバとレスベラトロールを使用した安心して続けられる休息サポートサプリメントです。





マインドガードDX
公式サイトでは、お得な!お試しセットを特別価格にて販売しております。  詳しくはこちら>>





このページの先頭へ