<目次>

・夜勤明けの不眠症が解消できた!

・不眠症を和らげる夜勤のシフト勤務のローテーション




夜勤明けの不眠症が解消できた!

工場勤務や看護師・介護士など、どうしても避けられない夜勤勤務。

睡眠不足がつらくて、辞めてしまう方も多いと聞きます。


そこで、夜勤勤務からの不眠を解消した、工場勤務の男性のお話をしましょう。

彼は、朝勤=昼勤=夜勤というサイクルで、3交代制の勤務で働いていました。

朝勤、昼勤の時は、特に寝不足などなかったようですが、夜勤の場合は、帰りが朝になるので、どうしても昼間寝られず、寝不足がつづき不眠症になりかけていたそうです。


ある先輩から、こんな話を聞いたらしいです。

「夜勤の退社後は、すぐに家に帰って寝ないと不眠症になるぞって。」

その男性も、不眠症が心配になりかけていたので、詳しくその先輩の話を聞いたそうです。

その先輩は、以前、睡眠障害で一時期通院していたらしく、専門医師に診療してもらっていたそうです。

そこで指導を受けたのが、夜勤明けで帰ったらすぐに寝なさいとのこと。

理由は、夜勤明けはすぐになられないので、食事や雑用をして、昼過ぎに寝るので、体温が上昇している状態で寝ることになるから、数時間しか寝られず、不眠が蓄積され、睡眠不足になるそうです。

夜勤明けは、すぐに床に就き、なるべく部屋を暗くして寝るよう指導されたようです。


それでも寝られないときは、セロトニンを補給するといいと言われたそうです。

男性は、その話を聞いて、早速先輩の言う通り、実践したようです。

最初は慣れなくて、すぐには寝られなかったようです。

なかなか眠れないときは、セロトニンを補給するようになり、徐々に眠れるようになってきたようです。

最初は、セロトニン補給は、大豆製品がいいと先輩から聞き、豆腐や納豆を食べて寝ていました。

しかし、食べてすぐ寝るのは、胃がもたれて寝ずらいみたいで、セロトニン配合のサプリメントをネットで探したそうです。

そこで見つけたのが、「マインドガードDX」。

ドリンク剤なので飲みやすく、寝る前に手軽に飲めて、胃もたれもなく、自然と眠れるようになったそうです。

今では不眠も解消され、元気に夜勤の仕事を頑張っていいるようです。

彼が飲んでいた「マインドガードDX」をもっと詳しく知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

夜勤明けで眠れない?もう大丈夫です! >>

不眠症を和らげる夜勤のシフト勤務のローテーション

雇用者側に配慮していただきたい点としては、シフト勤務のローテーションの組み方です。

具体的には、次のような配慮が必要です。

(1)2日間ぐらいの周期で交代するような短いローテーションにする。

これは例えていうならば、睡眠の借金は重ならないうちに返済するように、ということです。

また、シフトした時間に体内リズムが適応しないうちに、もとに戻すという意味合いもあります。

それ以上の長いローテーションになりますと、シフトした時間帯への適応が起こり、元のリズムヘの切り替えが困難になり、睡眠不足も返却困難となり、人によっては睡眠覚醒リズム障害が起こります。

(2)週末、あるいは定期的に週一度は休みをとり、心身の調整に当てること。

(3)勤務時間帯を、朝勤=夕勤=夜勤という時計まわりの順に遅くしていく。

夜勤明けは、なるべく休みをとれるようにするか、勤務も本人の自由な選択ができるように配慮していただきたい。

それは、人間の体内リズムは遅くずれて行くことに適応しやすいからです。

(4)シフト勤務で障害が出やすい人には、別途の配慮をすること。シフト勤務には適・不適の個人差があります。

どうしても不適任の人には、夜勤と夜勤の間に日勤を多くはさむ、あるいは、シフト勤務からはずすなど、特別の配慮も必要なことがあります。

現代のような生活形態が複雑化した状況では、働く人たちに一律にその時間帯を当てはめるばかりではなく、個人に合った時間帯の設定も含むフレキシブルな勤務時間帯を考えてもよいのではないでしょうか。

 


夜勤明けで眠れない?もう大丈夫です!

 

話題の休息ハーブモリンダシトリフォリアをベースにギャバとレスベラトロールを使用した安心して続けられる休息サポートサプリメントです。





マインドガードDX
公式サイトでは、お得な!お試しセットを特別価格にて販売しております。 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ