40代からの女性ホルモン力を増やす方法はコレだった!

よくアラフォー女性の方から、女性ホルモンをアップする秘策を敦えてほしいと質問を受けます。

女性ホルモンは、カラダの中で作られる量が一生を通じて一定というわけではありません。

幼児期にはほぼゼロですが、10代から上昇し、20代後半がピークであり、その後徐々に減少していくことが知られています。

そして10代のレベルまで減少するのが、多くの方で40代後半から50代前半であり、この時期が更年期になり、やがて生理が止まる閉経期を迎えます。

女性のホルモンカは30代から気が付かないうちに減少していることになります。

 

アラフォー世代が気になるホルモン増加法ですが、万人に有効なものはありません。


このため30代後半から40代前半のプレ更年期には、

・卵巣機能をできるだけ保つこと

・漢方薬などでホルモン量低下に伴う症状を軽減すること


女性ホルモン量が維持できなくなる40代後半からの年期以降は、

・人工的に合成した女性ホルモンを補充することが対策の中心になります。

40代にさしかかった頃から、女性ホルモンをアップについて考えておくことが大切です。


女性ホルモンを増やす1つとして「エストロゲン」あります。

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれます。生理周期を形成し、妊娠しやすい環境を整えるホルモンです。

女性らしい体つきや女性としての性機能を保つための働きをしています。

また、精神の安定にも影響を及ぼし、減少するとイライラや不安を感じやすいなどPMS(月経前症候群)の症状が現れやすくなります。


エストロゲンを摂取するにはどうすればいいのでしょうか?

エストロゲンは、体内で女性ホルモンとして生成・分泌される成分で、そのため、外部からエストロゲンそのものを摂取することはできません。

しかし、最近の研究でエクオールとエストロゲンがよく似た働きをする成分であることがわかってきたのです。

要するに、エクオールを摂取すれば、エストロゲンを補充したのと同じ作用があるのです。


では、エクオールを摂るにはどうすれば…。

エクオールは、大豆製品を食べると腸内で大豆イソフラボンの一種が腸内細菌の力を借りてエクオールが作られます。

納豆や豆腐、豆乳などを積極的に摂取することがエクオールの生成に繋がります。

量としては、納豆なら1パック、豆腐なら約200g、豆乳は200mlを目安にするといいでしょう。

また、サプリメントを利用するのもオススメです。

サプリメントだと、いつでも、かんたんに摂取することができます。

エクオール配合のサプリメントでオススメなのが「エクオール+ラクトビオン酸」です。

「エクオール+ラクトビオン酸」は、大豆イソフラボンからエクオールに変換できない方にも、大豆製品をあまり召し上がらない方にも。

大人の女性の忙しく、ゆらぎやすい毎日のための、新世代サプリメントです。

大豆由来の安心で身体に優しいサプリメント。

刺激が強すぎるのはちょっと不安・・・とお感じの方にもおすすめです。

もっと詳しく「エクオール+ラクトビオン酸」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

専門ドクターとの共同開発で生まれた更年期サプリ >>

成熟女性が、もっともっと輝くために。ゆらぎやすい女性の心と体のために研究を重ねて作られたサプリメントです。






エクオール+ラクトビオン酸
公式サイトでは、只今CM放送キャンペーンを実施中です。  詳しくはこちら>>





このページの先頭へ