女性ホルモン増やす秘訣とは?

女性のホルモン力をアップするには、卵巣機能を保つことが重要です。

まず、卵巣機能を保つ生活習慣として、

・偏食や急激なダイエットを避け、必要な栄養を取ること
・睡眠不足などを避け、生活のリズムを整えること
・精神的や肉体的なストレスを避けること
・血行をよくすること

が中心となります。

卵巣機能を保つのにまず重要なのは、カラダそのものの機能を保つ上で必要なたんぱく質、ビタミンをバランスよく取ることも重要です。

脂身の多い肉は避けて、赤身の肉、鶏肉、豆類などの食材で良質のたんぱくを取ることがよいでしょう。

コレステロールなどの脂肪分は、女性ホルモンの原因となるためある程度摂取が必要ですが、取りすぎは生活習慣病になります。

緑黄色野菜などでビタミンを補給し、卵巣機能を含めたカラダ全体の機能をサポートすることが重要です。

また大豆、みそ、豆乳などの大豆製品は、植物エストロゲンという女性ホルモン作用のある物質を持っているといわれ、ホルモンカの落ちてきた女性に一定の効果があるという説もあります。

合わせて閉経以降、体内への取り込みが減るカルシウムもこの時期に十分取っておくことが重要です。

牛乳、チーズなどの乳製品、小魚や豆腐、納豆などの大豆製品、ひじき、小松菜、青梗菜などの野菜がよいでしょう。

女性ホルモンは1カ月のリズムをもって分泌されるのが特徴のホルモンです。

いわば1カ月の時計をもとに作られているホルモンですが、カラダの中の時計(体内時計)が狂うと卵巣のホルモンを作る機能が狂います。

睡眠不足や精神的や肉体的なストレスは生体時計を狂わせます。

このため生活のリズムを整えること、ストレスを避けること、ストレス解消法を見つけることが重要です。

血行をよくすることは、卵巣に必要な栄養分を届け卵巣の機能をサポートする上で重要です。

ウォーキング、ストレッチ、ジョギングなど軽めの運動で、カラダが温まる程度で十分です。

肥満や生活習慣病があればそれを改善することも大切でしょう。

冷え症があればシナモン・しょうがなどの食材を取り人れてみる。重度の冷え症があれば当帰勢薬散、加味逍遥散などの漢方薬を試してみることもよいかもしれません。

さらに腰や下腹部を冷やすことも卵巣への血行を妨げるという説もあります。

カラダを過度に冷やさないことも30代後半からは重要なポイントでしょう。


また、女性ホルモンを増やす成分を摂取するのもいいでしょう。

女性ホルモンを増やす1つとして「エストロゲン」あります。

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれます。生理周期を形成し、妊娠しやすい環境を整えるホルモンです。

女性らしい体つきや女性としての性機能を保つための働きをしています。

また、精神の安定にも影響を及ぼし、減少するとイライラや不安を感じやすいなどPMS(月経前症候群)の症状が現れやすくなります。


エストロゲンを摂取するにはどうすればいいのでしょうか?

エストロゲンは、体内で女性ホルモンとして生成・分泌される成分で、そのため、外部からエストロゲンそのものを摂取することはできません。

しかし、最近の研究でエクオールとエストロゲンがよく似た働きをする成分であることがわかってきたのです。

要するに、エクオールを摂取すれば、エストロゲンを補充したのと同じ作用があるのです。


では、エクオールを摂るにはどうすれば…。

エクオールは、大豆製品を食べると腸内で大豆イソフラボンの一種が腸内細菌の力を借りてエクオールが作られます。

納豆や豆腐、豆乳などを積極的に摂取することがエクオールの生成に繋がります。

量としては、納豆なら1パック、豆腐なら約200g、豆乳は200mlを目安にするといいでしょう。

また、サプリメントを利用するのもオススメです。

サプリメントだと、いつでも、かんたんに摂取することができます。

エクオール配合のサプリメントでオススメなのが「エクオール+ラクトビオン酸」です。

「エクオール+ラクトビオン酸」は、大豆イソフラボンからエクオールに変換できない方にも、大豆製品をあまり召し上がらない方にも。

大人の女性の忙しく、ゆらぎやすい毎日のための、新世代サプリメントです。

大豆由来の安心で身体に優しいサプリメント。

刺激が強すぎるのはちょっと不安・・・とお感じの方にもおすすめです。

もっと詳しく「エクオール+ラクトビオン酸」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

専門ドクターとの共同開発で生まれた更年期サプリ >>

成熟女性が、もっともっと輝くために。ゆらぎやすい女性の心と体のために研究を重ねて作られたサプリメントです。






エクオール+ラクトビオン酸
公式サイトでは、只今CM放送キャンペーンを実施中です。  詳しくはこちら>>





このページの先頭へ