このストレッチが疲労回復できる応急処置です。

本当に疲れていて、横になるところがあれば、どこでも寝られるという人や、睡眠時間も短く、休みたくても休む暇もない人は、何もしないで、そのまま疲労を溜め続けるよりも、応急処置としてアキレス腱のストレッチを行ないましょう。

ちょっとしたスキマ時間を利用するだけで、全身の緊張がとれ、休が楽になります。


ではなぜ、アキレス腱を仲ばすと楽になるのでしょうか?

一般にある健康体操のほとんどすべてに、アキレス腱のストレッチが含まれています。

それはアキレス腱が切れてしまうと歩けなくなってしまうので、準備体操として非常に重要な体操だからです。

しかも、アキレス腱は人間が立ってバランスを保つのに非常に重要な役割を果たしています。

人間がこれほど大きな頭を上に持ち上げているのに絶妙なバランスを保ち、なおかつ倒れないのは、アキレス腱を含む足の筋肉のはたらきがあるからなのです。

アキレス腱が硬くなると、こんなことが起こってしまいます。

・足首の動きが悪くなり、歩幅が狭くなって体の循環が悪くなってしまう
・ふくらはぎの筋肉が硬くなり、肉離れなどケガのリスクが増す
・ふくらはぎの血行が悪くなり、むくみやすくなる
・足が冷えやすくなる
・細かい体の動きに対応できなくなるので、バランスが悪くなり、疲れやすくなる

ふくらはぎの筋肉に負担をかけ続けるため、非常に疲労をしています。

しっかりストレッチを行ない、疲労を溜めすぎないように心がけることが大切です。

やり方は、前後に足を開き片足ずつ伸ばす方法が一般的ですが、できれば5~10センチぐらいの台につま先をのせ、そのまままっすぐ立ちます。

そのときお尻が後ろに出ないようにして、顔はまっすぐ前を向いてください。

足を乗せる台の高さはアキレス健が柔らかい人ほど高くします。

ご存じの方も多いと思いますが、アキレス腱はふくらはぎの筋肉が集まり細くなり「腱」と呼ばれる頑丈な繊維となっているもので、伸ばそうと思ってもなかなか伸びません。

しかし、ふくらはぎの筋肉は、ストレッチを毎日行なうとかなり柔らかくなります。

効果的にアキレス腱を伸ばすにはふくらはぎをしっかり伸ばすことが大切です。

1回のストレッチの時間は、20秒間を2セット行なってください。

1回のストレッチをあまり長くやると、かえって筋肉の力が落ちてバランスを崩してしまいますので、注意してください。


ところで、イミダペプチド成分をご存知ですか?

イミダペプチド成分を摂取すると、疲労度が少なくなると言われています。

臨床試験でも一定の効果が認められていて、渡り鳥が休みなく飛び続けられるのは、羽の付け根の部分に含まれるイミダペプチドが筋肉疲労を防ぐ働きがあるからと言われているのです。

イミダペプチド配合のサプリメントでオススメなのが「イミダペプチドソフトカプセル」です。

「イミダペプチドソフトカプセル」は、大阪市立大学など5大学と大阪市、大手食品メーカー、医薬品メーカーなど計18社が参加してつくられた製品で、初めてソフトカプセル化に成功したサプリメントです。

anan「カラダにう良いモノ大賞」準グランプリを受賞しました。

もっと詳しく「イミダペプチドソフトカプセル」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

栄養ドリンクを飲んでも効果が感じられなくなったと方は、一度お試してください。 >>

 


栄養ドリンクでは、ヘトヘトが解消されないという方

 
イミダペプチド成分には、疲労予防をする力だけでなく、疲労回復力を高める力もあると考えられています。




イミダペプチドソフトカプセル
公式サイトでは、WEB限定の実感モニターの参加を募集しています。  詳しくはこちら>>





このページの先頭へ