逆流性食道炎を治すにはEXVオリーブオイルが効果的

最近問題になっている病気のひとつに、逆流性食道炎があります。

これは、胃酸や胃のなかで消化途中の食べ物が食道に道流して食道の粘膜がただれたり、潰瘍ができたりする病気です。

ピンとこない人もいるかもしれませんが、その症状は一般的で、多くの人が一度は経験をしていると思います。

たとえば、胸焼けや「呑酸」といわれるげっぷをしたときに胃酸がのどまで上がってくるような自覚症状があり、食事をしたあと、いつも胃もたれがしたり、調子がよくなかったりする人は、逆流性食道炎である可能性があります。

通常は、下部食道括約筋という胃と食道の間にある筋肉の働きや食道のぜん動運動などによって、胃の強い酸が食道に流れて粘膜を傷つけないような仕組みが働いています。

逆流性食道炎は、この下部食道括約筋が弱まったり、胃酸が増えすぎたりすることで起こります。

以前は、高齢者の病気といわれていましたが、近年は若い人にも増えています。

その原因は脂肪分やたんぱく質の多い食事、食べすぎなどにあると考えられています。

脂肪分の多い食事を摂ると、十二指腸からコレシストキニンというホルモンが分泌され下部食道括約筋がゆるんだり、胃酸を増やしたりします。

また、たんぱく質は消化に時間がかかるため胃液の逆流が起こりやすくなるのです。

脂肪分やたんぱく質の多い食事を摂りすぎないなど、食習慣を見直すことが有効です。


また、EXVオリーブオイルを使った料理も効果的です。

EXVオリーブオイルを使った料理を食べたあとには、あまり胸焼けなどの症状は出てきません。

EXVオリーブオイル、バター、ひまわり油の3つが下部食道括約筋の活力におよぼす影響について調べたデータでは、バターが括約筋をゆるめるのに対し、EXVオリーブオイルはほとんどゆるめず、ひまわり油ではその中間でした。


つまり、EXVオリーブオイルは下部食道括約筋の緊張をほとんど低下させず、胃酸分泌も変化させないため、胃に負担をかけないといえるでしょう。

しかし、EXVオリーブオイルを使った食事ばかり食べるなんてできませんね。

そこで、食後にEXVオリーブオイルを摂取できるオリーブオイのサプリメント「オリーブジュースカプセル」の服用をオススメします

食後、オリーブオイのサプリメントの服用により、下部食道括約筋の緊張をほとんど低下させず、胃酸分泌も変化させないた働きが規定できます。

「オリーブジュースカプセル」は、1粒に約50mlのオリーブオイルに含まれてる健康成分が凝縮されています。

究極の有機栽培と特殊技術で実現した、EXVオリーブオイルとオリーブポリフェノールをまるごとキュッと凝縮したオリーブオイルの健康食品です。

また、「オリーブジュースカプセル」は、主成分がEXVオリーブオイルなので、子ども(小学3年生ぐらい)でも、同じように服用しても問題ないと、メーカーより回答いただきました。

もっと詳しく「オリーブジュースカプセル」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

逆流性食道炎は、EXVオリーブオイルを摂取することが有効です。 >>

 


EXVオリーブオイルの驚きを体感しませんか?

 


「究極の有機栽培」にこだわるスペインのオリーブ農園で、大切に育てられたオリーブのみを使用し、特殊技術で健康成分をまるごと閉じ込めました。





オリーブジュースカプセル
公式サイトでは、期間限定!初回半額キャンペーンを実施しています。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ