女性ホルモンの不足すると何が起こる?

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの二つがあります。

このうち女性の体を作るといわれるエストロゲンが不足していくことが、更年期以降で問題となってきます。

エストロゲンは別名「モテホルモン」といわれるほど、女性の魅力と深く問わっています。

肌の潤い、艶やかな髪の毛、豊かなバストなどの女性に特有の体はエストロゲンの働きによります。

また女性の体を出産に耐えうるように守っているのもエストロゲンであり、動脈硬化の予防や精神的な安定をつかさどっているといわれます。


更年期に差しかかりエストロゲンが不足すると

①生理の期間が変化する、気まぐれになる、出血量が変化するといった生理の異常
②体のほてり、動悸などの自律神経の不安定な状態
③イライラ、うつ病などの精神的に不安的な状態
④髪の毛が細くなる、抜け毛が多くなるといった髪の毛の異常
⑤肌が乾燥しやすくなる
⑥性欲がなくなる

などの症状が出ます。

これが更年期の特徴です。

典型的には②の症状が更年期の症状としては多いですが、③~⑥といった症状があるとプレ更年期から更年期に差しかかってきたなというサインです。

更年期を過ぎてもエストロゲンは足りなくなっていき、
・シワ、タルミなどの皮膚の老化
・抜け毛
・骨が折れやすくなる骨そしょう症、
・アルツハイマーなどの認知症やうつ病などの精神疾患
・動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中などの血管の疾患が高齢女性に増える原因となるといわれています。


では、エストロゲンを補充するにはどうすればいいのでしょうか?

エストロゲンは、体内で女性ホルモンとして生成・分泌される成分で、そのため、外部からエストロゲンそのものを摂取することはできません。

しかし、最近の研究でエクオールとエストロゲンがよく似た働きをする成分であることがわかってきたのです。

要するに、エクオールを摂取すれば、エストロゲンを補充したのと同じ作用があるのです。


では、エクオールを摂るにはどうすれば…。

エクオールは、大豆製品を食べると腸内で大豆イソフラボンの一種が腸内細菌の力を借りてエクオールが作られます。

納豆や豆腐、豆乳などを積極的に摂取することがエクオールの生成に繋がります。

量としては、納豆なら1パック、豆腐なら約200g、豆乳は200mlを目安にするといいでしょう。

また、サプリメントを利用するのもオススメです。

サプリメントだと、いつでも、かんたんに摂取することができます。

エクオール配合のサプリメントでオススメなのが「エクオール+ラクトビオン酸」です。

「エクオール+ラクトビオン酸」は、大豆イソフラボンからエクオールに変換できない方にも、大豆製品をあまり召し上がらない方にも。

大人の女性の忙しく、ゆらぎやすい毎日のための、新世代サプリメントです。

大豆由来の安心で身体に優しいサプリメント。

刺激が強すぎるのはちょっと不安・・・とお感じの方にもおすすめです。

もっと詳しく「エクオール+ラクトビオン酸」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

専門ドクターとの共同開発で生まれた更年期サプリ >>

成熟女性が、もっともっと輝くために。ゆらぎやすい女性の心と体のために研究を重ねて作られたサプリメントです。






エクオール+ラクトビオン酸
公式サイトでは、只今CM放送キャンペーンを実施中です。  詳しくはこちら>>





このページの先頭へ