食事からの疲れ予防・疲れ対策!40代の主婦が疲れにくい体を作る!!

疲れにくいカラダを作ると同時に疲れ対策にもなる食対は、ビタミン、ミネラル、食物繊維など健康に有用な成分の多い野菜です。

このためには野菜をトータルで1日350~400g取ること、そしてホウレンソウ、コマツナ、二ンジン、カボチャなどの緑黄色野菜を120g以上摂取することが推奨されています。

しかし日本人の摂取量は、平均でもトータルで290g程度、緑黄色野菜は98gといわれこれを大きく下回っており、外食が多いと野菜が不足しがちです。


野菜を意識的に摂取することが、野菜不足改善には重要です。

過度に活動したり、感染・炎症・物理的ストレスなどを受けた状態になると、活性酸素が生じ、カラダが酸化状態に傾くことが知られています。

こうした状況は、酸化ストレスと呼ばれ、たんぱくや細胞の機能を障害し、疲労の引き金になっていると考えられます。

野菜、特に緑黄色野菜など色味の鮮やかな野菜には、ビタミンC、ビタミンE、べーターカロテンなどビタミン、カリウムなどのミネラルなどの有効成分も多く含まれています。


こうした野菜中のビタミンは酸化ストレスを除く抗酸化ビタミンとして知られ、疲れ対策に重要です。

またビタミン以外にも、野菜の中にはフィトケミカルと呼ばれる有効成分が含まれており、抗酸化物質として知られています。

緑黄色野菜の色素に含まれる成分に抗酸化作用があり、トマトに含まれるリコピン、赤ピーマンに含まれるカプサンチンなどが有名です。

緑黄色野菜以外でも、キャベツ、カリフラワー、白菜、大根などのアブラナ科の野菜やニンニク、王ねぎなどのユリ科の植物は、酸化ストレスを改善する働きのある硫黄を含んだフィトケミカルが含まれています。

緑黄色野菜を食べるといっても、緑黄色野菜をきちんと摂るには、買い物のときから緑黄色野菜を意識して選ぶことが必要です。


しかし、、忙しくて野菜が摂れない。そんな方は、野菜ジュースを飲めばいいでしょう。

野菜ジュースなら、忙しい朝でも簡単に野菜が取れます。

市販の野菜ジュースでもいいのですが、できれば、厚生労働省が推奨する野菜1日あたりの摂取量350g入った野菜ジュースがいいですね。

野菜1日あたりの摂取量350g入った野菜ジュースでオススメなのがカゴメが販売している「つぶより野菜」です。

「つぶより野菜」は、野菜は国産100%、産地や収穫時期までこだわり抜いた野菜ジュース。

350g分の野菜を使用し、食塩、砂糖、添加物不使用しています。

更にジューサーで絞ったような繊維感のある飲み心地で、販売数も発売以来1,000万本突破!

お子様からお年寄りまで、美味しくお飲みいただけます。

もっと詳しく「緑黄色野菜ジュース350」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

1缶に野菜350gも!疲れ対策は、まずは野菜から… >>

野菜は国産100%、産地や収穫時期までこだわり抜いた、カゴメの理想の野菜ジュース。350g分の野菜を使用し、食塩、砂糖、添加物不使用。更にジューサーで絞ったような繊維感のある飲み心地で、販売数も発売以来1,000万本突破!






つぶより野菜

公式サイトでは、お試し15本セットを2,000円!送料無料でご用意しています。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ