勉強のやる気を出すには「勉強をしよう」の言い方を変えるだけで勉強のやる気が出る


「勉強をしよう」を「2時間勉強しよう」に言い方を変えるだけで、勉強のやる気が出ます。

なぜでしょうか?

目標をたてれば、それに向かってやる気が湧くからです。

目標に数値を入れることは、やる気を引き出すもっとも即効性のあるテクニックなのです。

現実生活のなかで実践してみれば、驚くほどの効果を実感できるでしょう。

たとえば、綱引きをしている人たちに「思いっきり引け」と言ってもあまり効果は期待できません。

その代わりに「10秒間、思いきり引け」と言うと、「10秒問」と目標がはっきりするので、やる気がぐっと湧き出ます。

逆に言えば、目標が漠然としたものであるうちは、それが達成される可能性は低いともいえるでしょう。


勉強でも同じです。ただ「勉強しよう」ではなく、「今日は2時間、勉強しよう」と数値を入れたほうが、素直に応じることが多いのです。

できるなら、子供みずからが目標を立てて、数値を入れることを習慣づけることが重要です。。

「今度のテストでは苦手な算数で80点取る」とか、「この漢字の書き取りのプリントを1時間でやる」とか、目標に数値が自然と入るようになればしめたものです。


やる気を引き出す、目標の適正数値は60%です。

これはデビット・マクルランド博士による輪投げの実験が導き出したもので、成功率が60%の距離から投げさせたとき、プレーヤーのやる気がいちばん高まったというものです。

目標が高すぎても低すぎても、モチベーションは高まらないことを覚えておきましょう。


また、脳に栄養をあたえることも大切です。

たとえば、スポーツやっている子どもには、体力がつくように、骨や肉を成長させる食事やサプリメントをあたえています。

勉強をする子どもにも、脳の働きをよくする食事やサプリメントをあたえることは当然ではないでしょうか。

脳を活性化させる食べ物としては、DHA・EPAが多く含まれているマグロ・うなぎ・サバ・いわし・アジ・ブリ・さんまなどいいといわれています。

しかし最近では、イチョウ葉エキスが、記憶力を改善する働きがあると注目されています。

イチョウ葉エキスは、血液の流れを改善し、脳の機能を向上させ、神経伝達物質の働きがよくなるといわれています。

ドイツで行われた臨床試験の結果では、イチョウ葉エキスに認知機能の一部である記憶力を維持する働きがあるという報告があります。

イチョウ葉エキスの摂取方法はお茶で摂取するか、サプリメントで摂取するかの2つの方法になりますが、ほとんどの方は手軽に摂取できるのはサプリメントを利用しています。

イチョウ葉エキス配合のサプリメントでオススメなのが「デキスギジュニア」です。

「デキスギジュニア」は、子供向けイチョウ葉エキスの学習サプリメントとして、「イチョウ葉テルペンラクトン」を4.8mg/3粒・「イチョウ葉フラボノイド配糖体」を19.2mg/3粒を配合しています。

勉強のやる気を出す、お子さまに大好評の学習サプリメントです。

もっと詳しく「デキスギジュニア」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

イチョウ葉エキスの学習パワーで、勉強のやる気を引き出す! >>



「イチョウ葉テルペンラクトン」を4.8mg/3粒・「イチョウ葉フラボノイド配糖体」を19.2mg/3粒を配合しています。





デキスギジュニア
公式サイトでは、ず~っとお得な定期コースを用意しております。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ