そろそろ財産についての対策を考えなければいけないと思っていますか?

「必要なこと」と「やらないといけないこと」を決めてはどうでしょうか?

このサイトでは、生前贈与の準備について詳しく解説しています。


<目次>

・親に気持よく生前贈与の準備をしてもらうために!

・生前贈与と相続の分岐点を知っておこう!

・生前贈与は「贈与する人は多く」、そして「長い期間に」が鉄則

・贈与税対策に贈与税を支払う?生前贈与対策とは

親に気持よく生前贈与の準備をしてもらうために!

相続について、家族で話し合うことって少ないですよね。まだ、親も元気だから相続なんてまだまだって思っている方も多いでしょう。

しかし、2015年1月に相続税法が改正され、相続税の基礎控除額が4割も少なくなったのです。

その分、相続税のかかる課税対象額が大きくなってしまいました。

相続税改正前は基礎控除額が5,000万だったのでですが、2015年1月の相続税法が改正後、基礎控除額が3,000万円になりました。

もし相続いする土地の評価が3,000万円とすれば、土地以外に建物、預貯金、株や投資信託などの有価証券類をお持ちであれば、基礎控除額を超えてしまうご家庭が意外とたくさんあるそうです。

今まででしたら相続税がかからないご家庭でも相続税がかかる時代になったということです!他人事ではありません!。

2015年の改正をひとことで言うと、「相続税は増税、贈与税は減税」です。「教育資金の一括贈与の特例」「結婚・子育て資金の一括贈与の特例」がありますので、「贈与税」の特例を上手に活用することことで相続税対策となります。

2015年の改正について専門家と相談し、親にその旨を伝え、かしこく相続の準備に取り掛かることが重要なのです。

 


相続・生前贈与に関する相談窓口を無料で案内してくれる




3,000名以上の専門家の中から、あなたの悩みにあった相談窓口を紹介! 詳しくはこちら>>

生前贈与と相続の分岐点を知っておこう!

贈与の話をすると、ほとんどの方が「贈与税は高い」「贈与は損た」と思われている方が多いようです。

贈与税の税率だけを見ると、相続税の税率よりも高く設定されています。

しかし、税率だけを見て判断するのは、誤りです。

1.低い税率を使うことにより生前贈与を繰り返すと、相続税の節税になります。
2.贈与を正しく行うことで、「価値のある」財産を残すことができます。

上記2点を考慮し、生前贈与を検討してみるのもいいのではないでしょうか。

では、贈与の方が有利な額は、どのように計算するのでしょう。

相続税との比較において、相続税の実効税率(相続財産価額の合計額に対する相続税額の割合)と、贈与税の実効税率(贈与財産の価額に対する贈与税額の割合)とを比較し、贈与税の実効税率が相続税の実効税率を下回るところを「贈与分岐点」贈与の話をすると、ほとんどの方が「贈与税は高い」「贈与は損た」と思われている方が多いようです。

贈与税の税率だけを見ると、相続税の税率よりも高く設定されています。

しかし、税率だけを見て判断するのは、誤りです。

1.低い税率を使うことにより生前贈与を繰り返すと、相続税の節税になります。
2.贈与を正しく行うことで、「価値のある」財産を残すことができます。

上記2点を考慮し、生前贈与を検討してみるのもいいのではないでしょうか。

一つの考え方として、相続税より低い税率の範囲で行う事もありです。

では、贈与の方が有利な額は、どのように計算するのでしょう。

相続税との比較において、相続税の実効税率(相続財産価額の合計額に対する相続税額の割合)と、贈与税の実効税率(贈与財産の価額に対する贈与税額の割合)とを比較し、贈与税の実効税率が相続税の実効税率を下回るところを「贈与分岐点」といいます。

この贈与分岐点以下の財産を贈与すれば、贈与の方が有利となり、有効な対応策といえるでしょう。

また、「相続時精算課税制度」を選択して贈与するならば、相続まで評価額が一定だとしますと、有利・不利なく贈与できます。

しかし、現在のような経済環境では、
●贈与するものや贈与の時期
●贈与財産の価額と相続が発生すると思われる時期
●そのときの財産の価額
によって、どちらが有利であるかをよく検討したうえで、暦年課税制度か精算課税制度による贈与をするかを慎重に考えてみる必要があります。

あまり複雑な内容に関しては、専門家に相談することをオススメします。

生前贈与は「贈与する人は多く」、そして「長い期間に」が鉄則

相続では、財産をもらうことができる人は、法定相続人として限定されています。

しかし贈与は、配偶者・子ども以外の人にも財産をあげることができます。

配偶者・子ども・子どもの配偶者(嫁・ムコ)・孫に贈与することを検討してください。

たとえば、5人に贈与すればそれだけでも1年間で550万円も贈与できます。

10年間続ければ、5500万円もの贈与ができるわけですから効果は多大です。

したがって、できるだけ多くの人に贈与することにより、効果が出てきます。

また、贈与税は高いという先人観がありますが、1年間110万円までの基礎控除だけでも多くの節税が可能です。

一度に多額の贈与をすると贈与税が重くのしかかってきます。

600万円を一度に贈与すると、贈与税は、82万円です。

しかし、4年間に分けて600万円贈与すると、各1年間150万円の贈与になるので、贈与税は4万円4回の16万円で済みます。

したがって、贈与する人数は多く、そして長い期間に分けて実行すれば、非常に贈与はオトクです。

 


相続・生前贈与に関する相談窓口を無料でご案内してくれる




3,000名以上の専門家の中から、あなたの悩みにあった相談窓口を紹介! 詳しくはこちら>>

贈与税対策に贈与税を支払う?生前贈与対策とは

暦年贈与の場合、1年間の贈与金額の合計が110万円以下であれば、税金がかかりません。

現金、土地や建物などの不動産、株式であれ、贈与する財産の種類が問われることはありません。

ただし、無税枠ぎりぎりの110万円の生前贈与を毎年繰り返していると、税務署によっては明らかな税金逃れとみなされることもあります。

このような場合は、110万円を超える贈与を行い、贈与税を納めることも1つの方法です。

特に、名義預金にならないためには有効です。

つまり、贈与税の基礎控除額(110万円)を超えて贈与を行い、税務署に申告をして贈与税を払って形に残すことです。

贈与税の存在意味は、たとえば生きているうちに財産を全都子や孫にあげると、親が死亡したときに財産がなく、一切相続が発生しないことになります。

そこで、相続税が課税されないという事態を防止するために、つまり相続税を補完するために贈与税があるのです。

贈与税の手続きは、以下のようになります。

①申告者
財産をもらった人が申告します。

②申告場所
もらった人の住所地の税務署が申告場所です。たとえば、もらった人が大阪に住んでいれば大阪の税務署になります。

③申告と納税の期限
申告額は1年間(1月1日~12月31日)の間にもらった額を申告します。

たとえば、祖父から300万円、祖母から200万円をもらったとすれば、500万円の申告をします。

期限は、もらった年の翌年2月1日~3月15日までに申告し、この期間内に税金を納めます。

④延納
贈与税は原則として、現金での一括で納めることとなっています。しかし、次の条件をすべて満たせば、税金を分割で納めることができます。これを延納といいます。

(ア)納税額が10万円を超えていること
(イ)一括納税が困難な理由があること
(ウ)担保を提供すること

延納を申請するには、もらった翌年3月15日までに税務署長に「延納申請書」を提出し、許可が下りれば延納ができます。なお、延納は分割で納めるので金利と同様の利子税を納めなければいけません。

生前贈与は、毎年積み重ねることで大きな効果をあげることができます。しかし現金・預金の贈与については、きちんと贈与ができておらず税務署から認められないケースが非常に多くありますので、実行される際には注意が必要です。



2015年の改正で、「相続税は増税、贈与税は減税」となりました。

相続は「贈与税」の特例を上手に活用することが一番の相続税対策です。もっと詳しく知りたい方は…






このページの先頭へ