<目次>
・食べても太らない魔法の食べ方

・食べても太らないカラダをつくる食生活改善ポイント



食べても太らない魔法の食べ方

糖をとりすぎると「糖化」という悪い作用が過剰に働いてしまいます。

そうなると、タンパク質の働きが悪くなって、体の機能低下へとつながります。

体の機能が低下するということは、エネルギー消費も滞りがちになるということ。

つまり、余分な脂肪がたまり、大りやすくなるということです。

糖化防止は、ちょっとした日常生活の見直しで改善できる?

食べても太らないカラダをつくる食生活改善ポイント

この3つが「太らない体」をつくる秘訣なのです。

1.十分に間を置いて食べる
6時間おきに3食きちんととるのが理想。

2.一気に大量に食べない
1回の食事時間は、最低でも20分を目安にする。

3.糖質の多い食材はたくさん食べない
穀類、イモ類、甘いものを控える。

また、食生活改善のポイントは2つあります。

1つ目は、食事に時間をかけて、食事中に満腹サインを受け取るようにすることです。そうすれば、食欲が抑
えられます。

2つ目は、食べる時間に注意すること。食べ物を胃の中に残して寝ると消化によくありませんし、吸収された栄養素も燃焼せずに脂肪として蓄えられてしまいます。

しかし、食生活を見直すといっても、そう簡単ではありません。

そこでオススメなのが、海藻ポリフェノールの成分。

海藻ポリフェノールは、肥満や脂肪の蓄積を抑制する働きがある成分だと最近の研究でわかってきました。

つまり、脂肪の吸収をおさえる作用があり、食べた脂肪の吸収を制御してくれるのです。

理研ビタミン株式会社が販売している「マルチポリフェノール」は海藻ポリフェノールを主成分として作られたサプリメントです。

また、海藻ポリフェノールの他にも、ブドウポリフェノール、大豆イソフレアボン、茶カテキンが含有されており、健康と美容の両方にうれしい健康食品です。

もっと詳しく「マルチポリフェノール」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

 


ぽっちゃり・中年体型が気になる方へ
わかめスープでおなじみの理研ビタミンは、長年にわたる海藻の健康効果の研究から、海藻ポリフェノールには「脂肪分の多い食生活を強力にサポートする」チカラがあることを発見しました。 もっと詳しく知りたい方は…






このページの先頭へ