<目次>
・「職場高血圧」ってなに?

・こんな人が「職場高血圧」になりやすいので注意!

・職場高血圧を防ぐために塩分は1日10グラム未満




「職場高血圧」ってなに?

外来血圧では正常な範囲なのに、忙しい職場にいるときは、高血圧の値まで血圧が上がっている状態のことをいいます。

職場の緊張感や焦燥感、人間関係の悩みなどが血圧を上昇させます。

一日8時間働いているとすると、血圧の高い状態が一日の3分の1も占めるわけですから、血管もボロボロになりやすくなります。

こんな人が「職場高血圧」になりやすいので注意!


①年齢が43歳以上の人
②太った人
③健康診断で測定すると、最大血圧が130mmHg以上の人
④両親のどちらかに高血圧がある人


「職場高血圧」を防ぐ、改善方法は!

●うまく気分転換をする
仕事一辺倒では緊張がとれす、ストレスがたまるばかり。休みの日にはストレス解消の気分転換をしましょう。

●職場でどならない
ただでさえストレスがたまりやすい職場では、どなることは血圧を上げるので厳禁。どなるだけでなく、どなられることも避けたい。

●イライラしたら深呼吸する
職場でイライラしたときは、少し外に出て深呼吸を。血圧を下げる効果があります。

あと、オススメなのが「にんにく卵黄」の服用です。

にんにくと卵黄を合わせた「にんにく卵黄」は、相乗効果で血管を強くして、血管の健康を守ります。

TVでおなじみの【やわたの熟成にんにく卵黄】は、こだわりの原料を配合。

にんにくを約30日間熟成させ、栄養価もギュッとたっぷり。

もっと詳しく「やわたの熟成にんにく卵黄」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>にんにくパワーで元気な毎日をサポート

職場高血圧を防ぐために塩分は1日10グラム未満



ナトリウムは重要なミネラルですが…

血圧と最も関係する栄養素はナトリウムです。ナトリウムは、体内でカリウムなどと一緒に心臓や全身の筋肉の収縮や弛緩を調節したり、血液の浸透圧を調節したりします。

身体には体内のナトリウム量を維持する強力な機能が働き、血漿中の量の変動を少なくしようとする機構があります。そのため余分に摂取したナトリウムは、水分やカリウムなどと尿に排泄されますが、腎臓の能力には限度があるため、限度を超えた分は血液中に貯留してしまいます。

血液中にナトリウムが多くなると、血液は間質液(細胞間にある液体)などから水分を取り入れ、その結果、血液量が増えて血圧が上がります。その状態が続いて慢性高血圧の状態になると、動脈硬化が進行し、脳出血、くも膜下出血、心筋梗塞などを引き起こす原因になります。

逆に、ナトリウムが極端に減ってしまうと、脱水、血圧低下、ショックなどが起こり、死に至る場合もあります。

1日10グラムを目標に徐々に減塩を

ですから体内のナトリウムは適量を保つことが重要です。私たちが食物から摂取するナトリウムの大部分は塩分(塩化ナトリウム)からですが、塩辛い味に慣れ親しんでいる日本人はナトリウム過多の傾向があり、減塩が苦手です。

高血圧の人の塩分摂取の目標値は1日6グラム未満とされていますが、それを急に実現するのは至難のわざでしょう。どうしても味気なく感じてしまい、挫折する人が多いのです。無理を続けると反動で濃い味が食べたくなり、いつも以上に塩分を摂ってしまう場合もあります。ですから、極端に減塩するのではなく、1日10グラムを目標に、少しずつ薄味に慣れていきましょう。

 


にんにくパワーで元気な毎日をサポート

 

やわたの熟成にんにく卵黄は、高い栄養価でニオイと辛味が強い福地ホワイト六片を熟成させ、平飼い有精卵を使用してにんにく卵黄を作っています。





やわたの熟成にんにく卵黄
公式サイトでは、お得な定期購入を用意しています。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ