<目次>

・妊娠初期から妊娠線のケアは必要ですか?

・妊娠線のケアは、だいたい5ヶ月目がぐらいから始めましょう!




妊娠初期から妊娠線のケアは必要ですか?

お腹が目立たない妊娠初期から、一生懸命に妊娠線予防クリームやオイルを塗っても、塗り過ぎてお腹が張ってしまうことがあります。

ですから、あまり妊娠初期から、妊娠線予防クリームやオイルを塗ることを避けるよう専門家はアドバイスしています。

いつから妊娠線のケアをすればいいの?

次の項で説明します。

妊娠線のケアは、だいたい5ヶ月目がぐらいから始めましょう!

妊娠線ケアは、だいたいおなかが目立ってくる5ヵ月目ぐらいからケアするのがベストです。

保温ケアなどで、肌をやわらかく保つことを心がけましょう。

また、「産後、気づいたらビキビキ割れていた!」「あれ、いつの間に?」 というパターンは意外と多いもの。

出産間際に下側に急激に突き出すように大きくなるおなか。

下腹を確認できず、妊娠線ができていることに気付かなかったということがあるので、油断せずこまめにチェックしましょう。

また、アンケート調査で、保温ケアしている入97%のうち、市販のボディクリームを使っている妊婦さんは半数以上もいるようですが、妊娠線をケアするなら、妊娠線ケアの専用クリームを使うことをオススメします。

妊娠線予防クリームは、保温力、持続力が強いだけでなく、肌のハリ・弾力、柔軟性を高める成分も充実しています。

また、デリケートになっていく肌を考え、肌にやさしい低刺激性なものを考えると、妊娠線ケアには、妊娠線予防クリームの使用をオススメします。

妊娠線予防クリームといえば「ベルタマザークリーム」。

シラノール誘導体を配合し、高品質な美容成分を3種配合しています。

また、葉酸もたっぷり配合されていて、アミノ酸・ビタミン5種もの成分が配合されています。

香りは、柑橘系のさわやかな香りがします。

また、BELTA独自のサポート体制が充実で、BELTA社員による徹底サポートが受けられます

もっと詳しく「ベルタマザークリーム」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>妊娠中に使うからこそ、低刺激にこだわりました。

 


こだわりの3つの美容成分配合の妊娠線予防クリーム

ヒアルロン酸の約2倍もの保湿力のあるスーパーヒアルロン酸、約250倍のアミノ酸のプラセンタ、保水性が高いからお肌に馴染みやすいコラーゲン、この3つの美容成分を高配合しています。





ベルタマザークリーム
公式サイトでは、とってもお得な初回500円定期便を用意しております。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ