クエン酸を効果的に飲むタイミングとは

クエン酸は飲むと、すぐ吸収されるので、飲むタイミングとしては肉体疲労がピークのときがベストです。

スポーツの現場などではハチミツに漬けたレモンを選手たちに食べさせたりしていますが、まさに一番効果的なタイミングでしょう。

そして、一時的な疲労ではなく、疲れが溜まっている場合は2時間に1回クエン酸を体内に入れるといいとされています。

一度にたくさん飲むよりも、少しずつ飲んだほうが体にいいということです。


具体的には、食後の3回と、寝る前と、できれば夕食後と寝る前の間にもう一度飲みます。

このように、一目のうちの休息時間に集中して飲むことによってクエン酸の成分の大部分を疲労回復に回すことができ、お勧めです。
br />

また、水に溶かして飲む場合、個人差もありますが、水分でお腹の重たくなる方は、空腹時は避けましょう。

クエン酸は疲れてもいないのに飲んだからといって、疲れない体になるわけではありませんので注意してください。

効果的な1日の摂取量は10~15グラムと言われています。

1回の量は、個人差もありますが、2~3gでよいと思います。


クエン酸は、梅干しやレモンなどの柑橘類、お酢に含まれているすっぱい成分です。

疲労の原因となる乳酸の生成を抑制する作用があり、心身の疲労、肩こりゃ筋肉痛、肝臓病、痛風などの予防・改善に有効とされています。

また、脳の神経疲労を和らげ、認知症を予防するとも言われています。

言わば、疲労回復の代表選手みたいな食品成分です。

このクエン酸を正しくとることによって、疲労の回復はさらに効率が上がります。


忙しくてなかなか休めない人は、クエン酸を日々の食事に取り人れて、日々の疲労を回復しましょう。

クエン酸は、梅干しやレモンなど食べ物から摂取するか、薬局でクエン酸を買ってきて水などで薄めて飲むか、クエン酸配合のドリンクを飲むか、いずれかの方法でとり入れられます。

長く続けるなら、美味しく飲めるクエン酸配合のドリンクがオススメです。

その中でもオススメなのが「青切りシークヮーサー」です。

「青切りシークヮーサー」は、沖縄の世界一の長寿村、大宜味村で収穫されたシークヮーサーを丸ごと絞った原液を、鮮度や安全品質にこだわった自社工場で生産された、クエン酸配合のドリンクです。

飲み方は、「青切りシークヮーサー」を28mlを5~8倍のお好みで薄めて飲みます。

シークヮーサー本来の気持ちいい酸味とほのかな苦みを楽しめます。

他にも、シロップやはちみつを混ぜて飲みやすくしたり、炭酸水やサイダーで割って飲むと爽やかな酸味が一層増します!

もっと詳しく「青切りシークヮーサー」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

クエン酸は、安全な疲労回復薬です。 >>

 


累計170万本突破のシークヮーサージュース

 

クエン酸には、疲労物質を取り除く働きがあり、疲れにくい体質を作ります。青切りシークヮーサーには、レモンの約2.2倍、梅干しの約1.6倍のクエン酸が含まれております!




青切りシークヮーサー

公式サイトでは、お得な!超トク定期コースを用意しております。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ