腸の動きを活発化させるためにやること

友人の医師がよく言うのは、常に運動をしていることが大切だと…。

激しい運動じゃなく、ちょっと額に汗をかく程度の運動が一番いいと言います。

また、腸は第二の心臓といわれ、常に腸を活性化させておくことが、ガンなどの予防に繋がるようです。


その医師は、毎日欠かさずウォ―キングをしいます。

有酸素運動の代表であるウォーキングをすることで、腸の働きを高め、腸の動きを活発にさせるようです。

ウォーキングが腸によい理由は、新陳代謝が活発になり、腸の働きがよくなること、排便に必要な腹筋や背筋がきたえられること、腸の動きを活発にする、副交感神経が優位になるなど、大きく3つに分けられるようです。

腸の動きを活発化させるためのウォーキングは、無理をしない30分程度が効果的で、さらに背すじを伸ばし、胸を張り、おなかに軽く力を入れて歩けば、腸を支える筋肉もきたえることができるそうです。

また、食物繊維やオリゴ糖を摂ることで、より快適な腸環境が改善されると言っています。

 


置き換えドリンクで、プチ断食を始めませんか!


地元九州の野菜を中心に、厳選した60種類の原料を使用しています。楽天市場でも総合ランキング1位に何度もなった実績のある、実力派の健康酵素飲料です。





藍の青汁
公式サイトでは、お得な定期購入を用意しております。
 詳しくはこちら>>

腸の動きを改善する飲み物はコレだった

腸環境の悪化は、腹筋を使う運動が足りないことが多く、次いで精製した穀類、肉類、糖分など食物繊維が少
ない食生活にあります。

ですから、ビタミンと食物繊維の宝庫である青汁を飲んでいれば、ほとんどの便秘が解消します。

さらに食物繊維が豊富な豆類、いも類、生野菜をあわせてたくさん食べるようにすれば申し分ありません。

そして、腹筋を鍛える運動を心がけ、毎朝、必ず排便するようにします。


青汁を毎日飲んで、野菜をたくさん食べていれば、毎日規則正しく便意が起こり、快便が約束されます。

ごくまれですが、青汁を一度に大量に飲むと下痢をする人がいます。

これは青汁の効果が強くあらわれただけのことなので、便がたくさん出ると下痢はおさまります。

いわば大腸の大掃除をしたわけですから、ほうっておいても数日で治るはずです。

青汁を、自家製で作るのは大変だとよく聞きますが、最近は、自家製で青汁を作るより、サプリメントを活用した方がいい場合が多いようです。

理由は、自家製青汁だと、食物繊維など腸環境に最適な成分が限られていますが、サプリメントの青汁だと、食物繊維以外に、オリゴ糖やビタミンC、マグネシウムや乳酸菌などが含まれているものが多く、腸の改善には断然有効だからです。

オススメする、青汁サプリメントの「藍の青汁」は、大麦若葉をベースにオリゴ糖、そして藍が含まれており、野菜不足・お通じ改善にはもってこいの商品です。

さらに、本当に美味しいです。

また、藍には中性脂肪・コレステロールへの効果が……既に論文も発表され、これから注目の商品です。

小さいお子様から大人まで、安心してお飲みいただけます。

もっと詳しく「藍の青汁」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

濃くて美味しい!朝スッキリ!すごい青汁ができました。 >>





このページの先頭へ