<目次>

・ぬかた先生がオススメの小学生の身長を伸ばす食材をランキングで紹介!

・小学生の身長を伸ばす弊害となる添加物を多く含む食品は要注意

ぬかた先生がオススメの小学生の身長を伸ばす食材をランキングで紹介!

身長を高くする高タンパク質・低カロリーの食材ランキング

■魚編
1位 マグロ
マグロの赤身は高タンパク質・低カロリー。

タンパク質の含有量は魚ではトップです。

ヒスチジンやアンセリンなとのアミノ酸、健康に有用なED‐AやDHAがたくさん含まれています。

2位 タラ
昧は淡白ですが、タラの肉は脂肪がきわめて低く、タンパク質を多く含んでいます。「タラちリ」なとの加熱調理品にすると、チオプロリンというアミノ酸ができ、発ガン性物質の生成を抑制する働きかおることがわかっています。

夕ラは、長期間冷凍保存するとスポンジ状になり、昧も落ちてしまうので要注意。

3位 カツオ(春獲り)
カツオには、看護リと秋護リの2種類があります。

看護リのもののほうが、脂肪が少なくてタンパク質を多く含みます。

カツオの血合い肉は、ビタミンA、町、町、聡や鉄分のほか、EPAやDHAなとも多く含んでいます。

■肉編
1位 鶏ささみ
むね肉で手羽の内側にあり、形がササの葉に似ているので、この名がついています。

牛・豚肉のヒレに相当する部分で脂肪が少なく、タンパク質も多く含んでいます。

筋肉モリモリのスポーツ選手にもおすすめできる、ナンバーワンの食材といえるでしょう。

 

2位 鶏むね肉(皮なし)
スーパーでよく見かける鶏むね肉は、皮をきれいにはがして食べるのが原則です。

余分な脂を省くことで、肉類ではささみに次ぐ、高タンパク質低カロリーの食材であるといえます。

また、ささみと同様に鶏むね肉には、メチオニンとよばれる必須アミノ酸を、バランスよく含んでいます。

牛や豚の脂質に比べて、不飽和脂肪酸の割合が高いので、コレステロールなとの心配が少ないことも特徴のひとつです。

3位 豚ヒレ肉
堂々の3位にラン牛ングされたのが、豚ヒレ肉。

ビタミンB群が豊富で、なかでもビタミンBはトップクラス。

タンパク質を多く含み、脂肪がほとんとありません。

■番外編~常備品~
1位 のり
のりには鉄分をはじめ、マグネシウムやビタミンA、B、C、Eが多く含まれています。ビタミンA、C、Eには強い抗酸化作用があります。これらは、子どもを感染症から守り、からだに抵抗力をつけてくれます。

2位 桜エビ

タンパク質とカルシウムを豊富に含みます。その量は、大さじ3~4杯で、牛乳1杯とほぼ同等になります。独特の香リがあるので、風味を引き立てたいときには、ぜひ使いましよう。

3位 しらす干し
カルシウム、鉄、ビタミンB2、D、マグネシウムが豊富に含まれています。

丸ごと食べられるので、成魚のイワシよりも栄養価が高いといえます。

骨や歯の成分となるのはカルシウムですが、しらすに多く含まれるビタミンDやマグネシウムが、その吸収を助けます。

上記、食材別ランキングで取り上げた食材を使って、子どもたちの好きな「ハンバーグ」「サンドイッチ」「クッキー・ケーキ」などメニューに取り入れてください。

しかし、毎日、食材別ランキングで取り上げられたものを使って料理するのも大変です。

そこでオススメなのが、成長期栄養補助食品「フィジカルB」です。

「フィジカルB」は、成長に必要な成分がギッシリ詰まっていて、しかも、栄養が無駄なく吸収されやすい工夫をとりいれています。

なんと、自信があるからできる「30日間全額返金保証」キャンペーンを実施しております。

もっと詳しく「フィジカルB」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

 早くから飲ませておいたらよかった…。そう後悔する前にお試しください。 >>

小学生の身長を伸ばす弊害となる添加物を多く含む食品は要注意

●添加物を多く含む加工食品
ハム、ソーセージなとの加工食品や市販のハンバーグ、缶ジュースや清涼飲料水…子ともが好み、親にとっても便利な食品です。でもこれらの加工食品は、食品添加物を多く含んでいます。

これらの加工食品に含まれる添加物の一部(リン酸塩、フィチン酸など)は、体内や食品中のカルシウムや亜鉛、マグネシウムを体外に追い出してしまいます。

たとえ子ともの発育には有害でも、発ガン性さえなければ堂々とまかリ通っているのが食品添加物の現状です

これらは、子ともが大好きな食品に多く含まれているので、注意が必要です。

●添加物はこんな方法でとり除く
では、リン酸塩などの添加物から子どもを守るには、どうしたらいいのてしょうか。

もちろん手作リにするのが一番ですが、少しの手間で、添加物をある程度とリ除くことができます。

基本的には、熱湯などでゆでこぼすことです。

・カップめん
カップに熱湯を注いで、約1分おきます。そのお湯を捨てて、再度熱湯を入れましょう。

・袋入りラーメン
めんをゆでたらサルにとり、お湯を切ります。別につくったスープに、そのめんを入れて食べましょう。

・ゆでて袋に詰めちれているうどん
スーパーなとで売られているうどんの中には、歯ごたえをよくするためにリン酸塩を使っているものもあります。ゆでこぼしてから使いましょう。

・ハム
お湯に、約15秒つけます。

・かまぼこ
薄く切り、しやぶしやぶのようにお湯にさっとくぐらせます。

・市販のそうざい
利用するときは、わかめやホウレンソウなとの具がたっぷり入ったみそ汁を添えましよう。カルシウムや食物繊維などが、塩分やリン酸塩の影響を防いでくれます。

●環境ホルモンにも、少し配慮を
さらに注意したいのが、環境ホルモン。体内のホルモンバランスを崩し、男性の生殖能力を弱め、女児の性成熟を早めるのではと心配されています。

神経質になる必要はありませんが、購入時や調理時には、次の5点に気をつけましよう。

①なるべく産地や生産者がわかる食材を選ぶ
②菜野菜はよく洗ってから食べる
③輸入時の農薬散布がない、国産を選ぶ
④魚は遺洋もののほうが比較的安心
⑤汚染物質を含んでしまう肉の脂身は除く

 


「伸び活」しませんか?

 

成長期に必要なのは、栄養、運動、睡眠のバランスが大切です。食の多様化している状況での栄養バランスは食事だけでは不十分なのでフィジカルBを飲んで補って頂き、お子様の大切な成長期をサポートしたい思いで開発して商品です。



 

フィジカルB
公式サイトでは、1番お得な「毎月自動お届けコース」を用意しています。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ